2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!

【知らなかった】自分を生きる学校

 今回のフォトリーディングのターゲットは、『自分を生きる学校』です。

自分を生きる学校―いま芽吹く日本のデモクラティック・スクール
自分を生きる学校―いま芽吹く日本のデモクラティック・スクール

副題は、「いま芽吹く日本のデモクラティックスクール」です。

今までこういった教育関係の本は取り上げたことがありません
でした。今回はたまたま仕事の関係で本書をいただきましたの
で、すぐに読んでみることにしました。以前紹介した、「インテ
リジェンス読書術
」の「すぐ読み」の実践です。

で、まず「デモクラティックスクール」という言葉さえ聞いた
ことがなかったので、こういったものがあること自体が驚きで
した。日本はガチガチの義務教育の国かと疑わなかったのです
が、こういった動きがあることを今回初めて知ることができて
嬉しいです。子供が自分らしく、才能を伸ばしながら育っても
らいたいと考えている方に是非一度読んで欲しい1冊です。

本田健さんがアメリカの「デモクラティックスクール」の
スタッフとジョイントで行う講演会の情報もありますよ。

今日もクリック感謝です人気ブログランキング
 

目 次



第1部 デモクラティックスクールへの道案内
 デモクラティックスクールとの出会い
 日本の教育を取り巻くもの
 デモクラティックスクールで育つ子供達
第2部 デモクラティックスクールへようこそ
 デモクラティックスクールの日常
 ミーティング
 特別活動
第3部 学びあい育ちあう仲間
 メンバーの声
 スタッフの声

概要と感想



デモクラティックスクールとは?

 学校の全てを話し合いで決めるのがデモクラティックスクール
 とはいえ、どこまで該当するのか分かりにくいので実例を
 あげると、根本的には以下3つの要件を満たしている学校
 がデモクラティックスクールということになります。

 1.運営(含む経済)を全ての子供とスタッフが握っている
 2.人事権を全ての子供とスタッフが握っている
 3.クラス・授業が基本的にない

 大人の権威が一切通用しない世界と言えますね。
 個人的にはクラスわけも授業も一切ないというのに学校と
 いう名前が付くのが驚きでした。

 ちなみに本書に紹介されていて初めて知ったのですが、
 デンマークの学校教育には「競争原理」が一切ないのだ
 そうです。優劣をつけたり、点数をつけることをしない。
 だから、試験も資格もないそうです。
 世界には知らないことがいっぱいです。

■デモクラティックスクールの日常
 クラスも授業も一切ない学校では、子供たちは登校する
 時間も自由。ほんとうにやりたいことだけをやっている
 のだそうです。子供のころから、「好きなことを好きな
 だけしていい
」ということを言われたことが無い僕たち
 にはなかなか想像できない世界ですが、それが現実にあ
 るのですね。
 
 「好奇心」「情熱」が誰からも否定されず、どんどんと
 自分が熱中できることに没頭できたら素晴らしいことだ
 と思います。

 お互いに約束をするのも自由で、全員で話しあってきめ
 たことは守ろうというのもデモクラティックスクール的
 と言えるでしょう。おもしろいと思ったのは、一度決定
 したことでも、やっぱり辛いと思ったら、もう一度話し
 合いの場に持ち出してもいいということ。絶対はないと
 いうことですね。

 「お金」に関しても子供達が自分たちで管理するという
 のがデモクラティックスクールのすごいところ。予算
 たてて、ミーティングの場に出し、承認を得てからでな
 いとお金を使えないシステムになっているそうです。
 子供のころからこれを身につけたら、すごいですね。
 
■子供たちの声(抜粋)
 ●スクールに何故行っているの?
  
  • みんながいるし楽しいことがあるから

  •   
  • 人間関係を学ぶため

  •   
  • 自由だから・ひまつぶし


  •  ●スクールに行ってよかったこと
      
  • 明るくなった

  •   
  • いっぱい遊べるようになった、楽しい

  •   
  • いろんなことを考えるようになった


  •  ●ミーティングをどう思う?
      
  • 面倒臭いこともあるけどやっぱり大切だと思う

  •   
  • いいと思う。個人が年とか関係なく話せる

  •   
  • 長すぎる。皆がもっと素直だったら早く終わっていいのに


  •  ●スクールの楽しいこと
      
  • おしゃべり

  •   
  • 好きなことができること

  •   
  • スクールのお金を使って、いろいろできる


  •  ●スクールの嫌なこと
      
  • ミーティングがうるさい時

  •   
  • ときどきしらけること・汚いこと

  •   
  • したい日にイベントやミーティングが通らないこと



  •  他にもたくさんあるのですが、きりが無いのでこの辺にて。
     自分の学校の経験と照らし合わせるとあまりにも違うので
     戸惑う気持ちもありますが、こんだけ自由な環境におかれ
     たら人間はどうなっていくのか
    、興味深いです。
     
     繰り返しになりますが、子供が自分らしく、才能を伸ばしながら
     育ってもらいたいと考えている方に是非一度読んで欲しい1冊です。

    自分を生きる学校―いま芽吹く日本のデモクラティック・スクール
    デモクラティック・スクールを考える会

    自分を生きる学校―いま芽吹く日本のデモクラティック・スクール
    さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす
    by G-Tools

    講演会情報



     2008年8月7日にアメリカのサドベリースクールのスタッフ、
     スコットグレイ氏と本田健さんが、ジョイント講演会を開催します。

     ちなみにサドベリースクールは、本田健さんが娘さんをそこに入れる
     ためにアメリカに住むことを決めたというほど惚れ込んだ学校。
     今回の講演会では、本書にあるよな、新しい教育スタイルについて、
     また、日本でのサドベリーモデルの可能性について、お話すると
     いうことです。

      本田健×スコット・グレイ氏 ジョイント講演会
     「自分を幸せにする」教育とは?  詳細はこちら 


    関連本



    世界一素敵な学校―サドベリー・バレー物語
    世界一素敵な学校―サドベリー・バレー物語

    自由な学びが見えてきた―サドベリー・レクチャーズ
    自由な学びが見えてきた―サドベリー・レクチャーズ

    アマゾンの関連商品、なぜか先日紹介した「これ」
    さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす
    さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

     記事 ⇒ 僕の才能ってば?さぁ才能に目覚めよう

    ここまで読んでくれて、ありがとうございました。
    にほんブログ村 本ブログへ

    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    この記事へのTrackBack URL
    http://blog.seesaa.jp/tb/102690306
    ※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。