2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!

読書本オススメを購入してみるの巻

 本日は最近読んだ読書術系の本、雑誌からで見たオススメ本で
まだ読んでいない本を購入してみたのでそのご報告です。

オススメ本って、たいてい読んでいない本が多いのですが、
実際に買ってみるのはごくわずか、なんてこと無いですか?

僕はそういう傾向が強かったので、少し素直に購入してみて
本当に良いのかどうか確認してみようと思った次第。

ちなみに今回購入した本を紹介していたのは、以下の紹介記事
にある本たちです。


週刊ダイヤモンド 2008年10月11日号

読書進化論 勝間 和代

ビジネスマンのための「読書力」養成講座

いつも目標達成している人の読書術 丸山 純孝


今日もクリック感謝です人気ブログランキング

まずは1冊目。

 過剰と破壊の経済学 「ムーアの法則」で何が変わるのか
過剰と破壊の経済学 「ムーアの法則」で何が変わるのか? (アスキー新書 042) (アスキー新書 42)

IT系の仕事をしておりましたので、「ムーアの法則」が
経済に与える影響を説く本書を読んでみたくなりました。
また池田さんの書籍も手にとったことがなかったので、
そういう意味でも楽しみです。


次に、2冊目。

 鈴木敏文 商売の原点 (講談社+α文庫)
鈴木敏文 商売の原点 (講談社+α文庫)

サラリーマンから独立してフリーランスになったので、ある
意味商売人になりました。本書のいう商売の原点が何なのか
非常に興味があります。値段的にもお手ごろなので、まずは
購入してみました。



続いていきます。

 日本溶解論―ジェネレーションZ研究 この国の若者たち
日本溶解論―ジェネレーションZ研究 この国の若者たち

三浦展さんの本は『下流社会』『下流社会 第二章』などを
読ませていただきましたが、その中で世代間のギャップの
問題を指摘しておられました。本書はその中でも時代を担う
若者に焦点を当てていて、今後の日本を考える上でかかせな
いと思い購入しました。


 面白いほど成功するツキの大原則―ツイてツイてツキまくる頭の使い方教えます
面白いほど成功するツキの大原則―ツイてツイてツキまくる頭の使い方教えます

これまで「ツキ」については、本の一部のコンテンツとして
読んできましたが、「ツキ」だけで構成された本は読んだ
ことがありませんでした。ですので、「ツキ」だけでどこ
まで深く書かれているのか興味があって購入してみることに。


最後にこれ。

 小さなニュースに火をつけて売る! ~‐パワーブロガーはお客をこうつかむ
小さなニュースに火をつけて売る! ~‐パワーブロガーはお客をこうつかむ

本書はたまたまアマゾンで見つけたんで購入してみました。
実際にパワーブロガーである著者の方法がブログだけに
とどまらずに書いてあるということで、ブログ、SNSの
書き方やスタンスについて何か気付きが得られればと思います。




さて、これらの本を購入したさいに、アマゾンのランキングが
目に入ってきました。その時に1位だったのがこれ。

 結婚しなくていいですか。―すーちゃんの明日
結婚しなくていいですか。―すーちゃんの明日

結構興味のある分野の本だったので、レビューを見てみたのですが
なんとアマゾンのレビューの進化を見ることができました。

今は以下のように、良い評価と悪い評価を並べているんですね。

アマゾンレビュー

アマゾンもやるようになった!


ここまで読んでくれて、ありがとうございました。
にほんブログ村 本ブログへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

小さなニュースに火をつけて売る! 書評まとめ 081022 (22-138)
Excerpt: こんばんは。約2週間ぶりの自著のレビューまとめです。 ■内外タイムス(10月8日)で書評として紹介していただきました。 書評「小さなニュースに火をつけて売る!」松本拓也著、技術評論社 ■10..
Weblog: アメブロ1位を目指そう!世田谷のProducer(「小さなニュースに火をつけて売る!」著者)
Tracked: 2008-10-22 01:01