2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!

今年最後のアマゾンアタック(の予定(笑))

こんにちは、すっかり休暇モードのLuckyUS@フォトリーダーです。
今日は、おそらくは2008年最後となるアマゾンアタックを
しました。

まだ積読本も多く、さらに紹介していない本も多いのですが、
今年最後の購入本紹介ということでやらさせていただきます。

さて、それでは紹介いってみましょう。
今日もクリック感謝です人気ブログランキング

思考の整理学 (ちくま文庫) (ちくま文庫)思考の整理学 (ちくま文庫) (ちくま文庫)
外山 滋比古

筑摩書房 1986-04-24
売り上げランキング : 26
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今日、アマゾンのトップセラーを見ていて急浮上していたのが
本書です。これまで全く知らなかったのですが、どなたか紹介
したのでしょうか?

考えること「思考」については、探求したい分野の1つなので
早速購入しました。価格がお手ごろなのも嬉しいです。


菜根譚 (講談社学術文庫)菜根譚 (講談社学術文庫)
洪 自誠

講談社 1986-06
売り上げランキング : 37798
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『菜根譚』は、野口嘉則さんの『心眼力』の中で人間力を高める
読書に良い本として紹介されていた1冊です。

いろいろな『菜根譚』の本があるのですが、アマゾンのレビュー
を見て、一番良さそうなこの1冊をチョイス!


スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫
Samuel Smiles 竹内 均

三笠書房 2002-03
売り上げランキング : 56
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


次は、『スマイルズの世界的名著 自助論』です。勝間和代さんの
ご推薦ということで、読んだ方も多いと思います。僕はすっかり
出遅れ組ですが、この年末年始にじっくりと「精読」の予定。

ちなみに、スマイルズのもう1冊の名著もあります。
こちらは当ブログでも紹介済み。まだの方はあわせてどうぞ。

スマイルズの名著『品性論』―古典には、「自分を変える力」があるスマイルズの名著『品性論』―古典には、「自分を変える力」がある
Samuel Smiles 本田 健

三笠書房 2008-08
売り上げランキング : 55939
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 当ブログでの紹介記事 ⇒ スマイルズの名著『品性論』



情報ダイエット仕事術情報ダイエット仕事術
堀 E. 正岳

大和書房 2008-12-20
売り上げランキング : 314

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


こちらは、smoothさんのマインドマップ的読書感想文にて目に
とまった1冊。仕事術系の本ですが、仕事上でも、目標を立てる上
でも、いかに優先順位をつけていくか、の新しい視点が欲しいと
思っていたところでした。年始に目標を立てようという方、ぜひ
一緒に読みましょう!


ここからは、とあるアマゾンキャンペーンでゲットした特典にて
紹介されていた3冊。

恋愛なんかやめておけ (ちくま少年図書館 1)
恋愛なんかやめておけ (ちくま少年図書館 1)松田 道雄

おすすめ平均
stars若い女性への真面目な忠告
starsこの本が書かれた本当の動機
starsこういうシビアな知識も恋愛攻略本もためになりますよね(゚-゚)”
starsこのオッサン、変わってる!
stars子供が恋をする頃に

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『恋愛なんかやめておけ』という逆説的なタイトル、そしてアマゾン
のレビューを見て、「おもしろそ〜」と感じたので、ポチっと(笑)
やはりショッピングは感情で決まりますね(汗)


インタビュー術! (講談社現代新書)インタビュー術! (講談社現代新書)
永江 朗

講談社 2002-10
売り上げランキング : 8073
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


フリーのコンサルとなった今、コミュニケーション系の本はいろいろと
読んでいますが、「インタビュー」もこれから必要になるかも?と思い
購入。おそらくは「インタビュー」以外にも応用可能と思われます。
そこらへんにも期待っす。


考える技術・書く技術 (講談社現代新書 327)考える技術・書く技術 (講談社現代新書 327)
板坂 元

講談社 1973-01
売り上げランキング : 5802
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


そして最後は、『考える技術・書く技術』。仕事の生命線ともいえる
この技術の本は、いくら読んでも良いと思います。



それにしても、退院後にこうしてまたブログを書けるってことが
どんだけ幸せなことか、身をもってわかりました。そして、読んで
いただく方がいる、ということが奇跡的に嬉しいことだということ
を初めて感じることが出来ました。

人生は、「きっと、よくなる!」ように出来てるんですね。


ここまで読んでくれて、ありがとうございました。
にほんブログ村 本ブログへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/111820409
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。