2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!

ペースメーカー読書法『情報ダイエット仕事術』より

こんにちは、LuckyUS@フォトリーダーです。
最近は急に親戚が訪ねてきたり、大掃除をしたりと忙しい日々を
送っていますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

さて、今回は2008年最後のエントリーは、昨日ご紹介した
情報ダイエット仕事術』より、ペースメーカー読書法
取り上げてみます。

情報ダイエット仕事術
情報ダイエット仕事術

人生全般に効果的な、「情報ダイエット」の手法ですが、
これを読書にも応用したペースメーカー読書法とは?

今日もクリック感謝です人気ブログランキング

ハズレ本を無くすペースメーカー読書法

 読書に質を格段に上げるには、無駄な読書を減らすこと
 (有限の時間で量だけを増やせば、必ず質が犠牲になる)

 新しい本を手にとった時、目次と前書きに目を通し、
 「自分にとって必要な本か?」を厳しくチェックすること

 本のチェックについては、今年読んだこの本がさらに
 詳しかったです。著者の本音が出やすい「あとがき」も
 読んだほうが良いとか、いろんなチェックポイントが紹介
 されています。

 ⇒ 投資効率を100倍高めるビジネス選書&読書術


 理解しやすい本と難しい本を組み合わせて読むのが、
 「ペースメーカー読書法」のキモ。この組み合わせで
 読書のぺースを作ることで、成長+読書の楽しさが実感
 できるようになる

ペースメーカー読書法 2つのポイント
 ●「すこし難しい本」に挑戦する
  2,3冊に1冊は、今の自分より「一段階難しい」本を。

 ●読書のペースを作る
  1冊の本にタイムリミットを設ける。
  


■「すこし難しい本」に挑戦する
 この「難しい」というのがなかなかに伝わりにくい点ですね。

 ●自分の専門分野なら、より高いレベルの内容の本
 ●新しい分野なら、入門書
 ●入門書を読んだなら、その分野の1つの中級書

 だと思います。
 他にもパターンはあると思いますが、もう少し具体的に例示
 してもらえれば良かったかなと思います。
  
 この手法は、本書でも紹介されている
 「ホリスティック・ラーニング」的な考え方ですね。

 フォトリーディングでも、どんなに本の内容を頭に入れることが
 できたとしても、理解できない内容は使えない、と教えてもらい
 ました。わからない分野はまずは入門書から、ということも教え
 ています。

 この発想自体は同じなのですが、容易な本と難しい本の組み合わ
 せで、読書のペースを作るという発想は新しいですね。
 
 よく陥りがちなパターンとして、
  ●自分の興味のある、読みやすい本ばかり読んでしまう
  ●難しい本ばかり買って読めないまま終わってしまう

 などがありますね(汗)

 これでは確かに自分の成長にとって貢献度が低く、投資効率も
 高いとは言えません。一段階高いレベルを目指す、という意識
 を読書にも導入するこの考え方は取り入れたいですね。
 


さて、あえていうなら、「ハズレ本」を無くす、ということと、
読書法としてのペースメーク的な発想は、実はあまり関係ないん
じゃないか?と突っ込みを入れたくなるところ。

とはいえ、速読術とも多読術とも、そしてメモ術とも連携できる
ペースメーカー読書法」は「使える読書法」です!

興味のある方は、是非本書をお読みになり、実践して下さいね。

情報ダイエット仕事術
情報ダイエット仕事術



あ、並列読書術との組み合わせは微妙ですね。誰か試してみたり
しませんか(笑)

昨日も、少しご紹介したのですが、時間の関係で書きたいことを
書ききることができなかったので、再度取り上げさせていただき
ました。

そもそも記事をアップする時点で、書ききった感がない事自体が
問題なわけですが(滝汗)、それを放置したまま年を越すのは
気持ちが悪すぎるので、今回の記事となりました。

日々の生活の中で、こういう「やっていない」「やり残した」と
いう感覚が積もっていってしまうと、人生の大きなストレスにな
りかねません。やはり「完了させる」ということは大事ですね。


このブログを読んでいただき、ありがとうございました。

先日ご紹介した「大恐慌入門」を読むと、2009年はどんな年
になるのか、想像もつきません。ただ「情報ダイエット仕事術
も「自分だけの成功を手に手に入れる」で締めくくらているように
自分の価値観をしっかり持ち、まわりの状況に流されないように
生きていこうと思います。

2009年もご愛顧のほど、よろしくお願いしまーすm(__)m

ここまで読んでくれて、ありがとうございました。
にほんブログ村 本ブログへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/111946738
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。