2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!

ダーリンは外国人 With BABY 小栗左多里&トニー・ラズロ

もうずっと
ケンカなんてしてなかった私たち
子どもが生まれてからは
け〜ん〜あ〜く〜
になることも


ダーリンは外国人 with BABY
ダーリンは外国人 with BABY

これは本書の「ケンカ」のところに出てくる一幕ですが、子どもが
結婚生活にいかに影響を与えるか?を良く表わしていると思います。

国際結婚という特殊性にとらわれないテーマを扱った本書は、結婚
を考えている人を中心に読んでほしい1冊。 マンガということで
読みやすさも抜群ですよ。

今日もクリック感謝です人気ブログランキング
 

目次


1.そろそろかもね
2.やんわりつわり
3.甘いもの中毒
4.運命の日!
5.母の痛み
6.からだの不思議
7.ぐるぐるおむつシンドローム
8.恐怖の乳腺炎
9.名前の由来
10.初めての家族旅行などなど、たっぷり20本!

感想



オシドリ夫婦が、子どもが生まれたことで険悪になる原因とは?

 ⇒ 感覚の違いが歩み寄れない(特に健康・衛生面)


本書では、子どもが外でハイハイすることや、冬に外に出して
遊ぶことなどで、もめております。

子どもをどう育てたいか、は自分の理想が色濃く反映されます。
だから、極めて個人的な、そして根深いニーズのぶつかりあいに
なりやすいかと。

この二人の場合は、国際結婚ということで、衛生面での感覚の違
いは、日本人夫婦の場合に比べて、一層大きかったことでしょう。
今の日本は過保護すぎってトニーも言っていますが、冷静に考え
れば、空気清浄機とか、機能がスゴすぎカモ。

二人の間で、そこまで踏み込んだ話ができるようになっていれば
いいですが、普通は夫婦間で、そこまで突っ込んだ話しをすると
いう必要はないので、お互いに避けていることが多いですよね。

だから、子どもが生まれてから、お互いの感覚の違いに直面する
ことが多いのでしょう。と、子育て未経験者がえらそうなことを
言ってみる(爆)




面白いのは、トニーのコラム「喧嘩なんかしていない」。
喧嘩は夫婦に「必然のもの」と悟ってます。

また、それまでどうして喧嘩してこなかったのかまでしっかり
考察しているところがミソ。

人生のストレスに対して、それまではお互いに耐えられていたから

だそうです。ちなみにごく少なかったこれまでの喧嘩は、旅行先が
多かったそうで、やはり非日常はストレスがかかるものなんですね。

ここでもウィグルのことわざを紹介しているあたり、いかにも
言葉オタクのトニーらしいなぁと思います。


他にも、つわり、陣痛など女性の妊娠・出産に伴うネタが、絶妙な
タッチで書かれていたり、妊娠中の海外旅行の話など、「これは、
あらかじめ知ってたら良いなぁ」と思うような内容が満載。

もちろんトニーのつぶやきも顕在で、男性目線(ちょっと変わって
るけど)もフォローもバッチリで、安心して読める1冊です。

結婚直後、または妊娠がわかったカップルに二人で読んで欲しいな
と個人的には思います。

ダーリンは外国人 with BABY
小栗左多里&トニー・ラズロ

4840121826

関連商品
ダーリンは外国人(2)
ダーリンは外国人―外国人の彼と結婚したら、どーなるの?ルポ。
プチ修行 (幻冬舎文庫)
ダーリンの頭ン中 英語と語学
めづめづ和文化研究所 京都
by G-Tools

子どもが小さいうちに、覚えさせる言語についても国際結婚な二人
ですから、しっかりと書かれていました。こちらに興味がある方も
お手にとってみてはいかが?


本ブログでは、過去に子育て関連で、この本を紹介しております。



ここまで読んでくれて、ありがとうございました。
にほんブログ村 本ブログへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック