2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!

めづめづ和文化研究所 京都 小栗左多里&トニー・ラズロ

茶道、華道、香道、弓道

あなたは実際にやってみたことはありますか?
僕は1つもやったことがありません(爆)

本書は、ダーリンは外国人でおなじみのい二人が、京都で日本文化
を徹底的に体験してみよう、ってな本です。

めづめづ和文化研究所 京都
めづめづ和文化研究所 京都

二人が体験した華道などは、その道のちょっと詳しい人からすれば
ほんとに「さわり」でしょうが、名前しか知らない人にとっては、
とても新鮮に写ることでしょう。そういう意味で、日本、いや京都
の「和文化」のわかりやすく紹介する良書と言えます。

で、「めづめづ」って何でしょうね?

今日もクリック感謝です人気ブログランキング
 

概要&感想



■めづめづ

 今では古語とされる「めづ」。これは動詞で、「感動する」と
いう意味だそうです。また「愛づ」とも書くようで、愛する、と
いうニュアンスも含まれるのだとか。

ちなみに、「めずらしい」「おめでとう」の語源ともなっている
のだそうです。

これをトニーが解説してます。

他にも、御所言葉についてのページもあり、あいさつがぜ〜んぶ
「ごきげんよう」なんて話や、皇室では「さん」付けで呼ぶなん
てことも披露。この「さん」は「お豆さん」などと同じ使い方で
「様」よりも上位らしいっす。

どこまで言語オタクなんだか、トニー(汗)


さて、個人的に興味を引かれたのは枯山水と雅楽でした。

■枯山水

まさか枯山水の石を整えるのを体験できる場所があろうとは思い
もしませんでしたよ。ただ、トニーの体験を見る限り、かなり大
変な作業のようで、てきとうにやったら失敗率100%な感じ。
とはいえ、いつか体験したい気持ちがモクモクと湧き上がってき
ました。将来の目標の1つに入れときます。


■雅楽

日本の宮廷音楽のことを「雅楽」って言うんですね。全然知りま
せんでした。自分の無知っぷりがわかってよかったです(ポジ)。

中国や朝鮮など、アジアの音楽の流れも入ってはいますが、日本
古来の音楽というものが、この「雅楽」には残されているとのこ
とで、是非一度聞いてみたくなりました。

本来の意味で、日本古来のものに触れる機会って無いですから。


アマゾンで調べたら、宮内庁からこんなのが出てました。

雅楽特選雅楽特選
宮内庁式部職楽部

by G-Tools


ちなみに、「呂律がまわらない」という表現が音楽関係のもの
だったというもの初めて知りました。



さて、全般的な雰囲気はトニー&さおりの体験記、といった感じ
で、親しみやすいです。英語での解説文もあり、外国の方に、
日本の伝統的な文化を紹介するのにもかなり使えそうです。

英語が読める外国人へのプレゼントなんかに使ったら好印象が
ゲットできそうです。

めづめづ和文化研究所 京都
小栗 左多里

4795837937

関連商品
プチ修行 (幻冬舎文庫)
つれづれふたり暮らし
イタリアで大の字―さおり&トニーの冒険紀行
さおり&トニーの冒険紀行 ハワイで大の字
かんたん!勝負ごはん
by G-Tools

もちろん、和文化って何?ってな日本人にもお薦めですよ。



【編集後記】
今日から、嫁の実家へ3日間いってきますので、2日ほど更新が
止まる予定です。ちなみに用事は「法事」です。

法事といえば、お坊さんがお経を読む時のあの独特の音の高低。
実は「雅楽」の音階と一緒なんだそうです。てか、お経に音階が
あること自体に驚きましたよ(汗)

タイムリーなネタを仕入れてしまいました!

では、またの更新まで、ごきげんようm(__)m

ここまで読んでくれて、ありがとうございました。
にほんブログ村 本ブログへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック