2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!

【夢の効能】30日で夢をかなえる脳 石浦章一

 あなたには夢がありますか?

夢なんか持っても仕方ないとか、昔はあったけど、もう諦めたよ、
なんていう人もいるかもしれません。でも、本当にそれで良いので
しょうか?夢や目標に向かって、一生懸命になにかをする。そうい
うことは、誰でも一度は経験したことがあるはずです。

ではなぜ、それが続かなかったのでしょう。

多くの人は、才能が無かったから、とか、意志が弱かったから、と
思いがちだと思います。でも、もし、単に効果的な方法を知らなか
っただけなのかもしれません。

30日で夢をかなえる脳 自分を変えるなんて簡単だ
30日で夢をかなえる脳 自分を変えるなんて簡単だ

本書は、東大の人気教授で、脳研究の第一人者である石浦さんが、
脳の仕組みを活かして、夢や目標に向かって、着実に歩む「習慣」
を作る方法を、わかりやすく書いた本です。

30日間続ければ、脳に神経回路が形成され、完全に「習慣」にな
るのだそうです。いかにその30日を突破するかも、脳の仕組みか
らいろいろな方法が紹介されています。

あの手この手で、夢をかなえる脳を作ることにトライしてみませんか

今日もクリック感謝です人気ブログランキング
 

目 次


1章 脳はたった30日で劇的に変化する!
2章 夢をかなえる脳の鍛え方
3章 脳が喜ぶ生活習慣
4章 いつまでも若々しい脳を保つために
5章 ストレスに負けない脳をつくる
6章 最先端脳科学が教える脳のウソ・ホント


概要&感想



■脳は本当に変わる
 親指と小指を縛ったサルの実験でわかったことは、脳は環境にあ
 わせて「物理的に変化する」ということ。

 脳はそれだけ柔軟に出来ていて、続けていれば、脳の該当する
 領域が次第に大きくなってくる。
 リハビリも、脳を再編成する作業ともいえる。

 ⇒ 継続は力なり はまさしく真実

■目標の効果的な立て方
 明確で、達成可能な目標にする。壮大な目標では脳は動かない
 ⇒ とりあえず30日という目標設定は効果的といえる
 
 精神的なご褒美があると、脳は快になる。人間は、精神的なご
 褒美だけでも頑張れる。

 毎日のちょっとした成長が計測できて、目に見える形で、目標
 に向かって進んでいることがわかるとやる気が出る

 イチロー選手もヒット1本がとても嬉しいのだそうです。

 そして、ご褒美を期待するだけでもドーパミンが出ることが
 わかってきたそうです。ということは、夢や目標があったほうが
 毎日を充実して過ごせる!ということですね。

■最新の研究でわかった脳あれこれ(ネタバレ自粛中)
  • 暗記は、▲回繰り返すのが最も効果的

  • 記憶の達人は■■を利用する

  • 最も効果的な健康法は、なるべく●を食べないこと

  • 脳のしわの数は、頭の良し悪しとは関係ない

  • 大人の脳は、毎日130万個もの神経細胞が死んでいる

  • アルコールの致死量は、ワイン▲本!




  • さてさて、脳の仕組みを効果的に使っていかに習慣化していくのか
    というのが本書のキモ。とはいえ、読んでみると、意外と潜在意識
    関係の本に書いてあったことと重複する点も多かったように思いま
    す。ってことは、潜在意識の活用にしろ、脳の仕組みを活かすにし
    ろ、アプローチ法が違うだけなのかもしれません。こと、習慣化に
    関しては。

    個人的には、ネタバレ自粛中のところに書いたような、脳の研究で
    わかってきたネタを読めるのが楽しかったです。ちなみに、大人の
    脳がどんどん死んでいくのは真実だそうですが、40歳を越えても
    新しい神経細胞が形成されるというのも事実だそうです。また、人
    の器官の中で、一番ゆっくりと老化するのが脳とのこと。やはり年
    齢だけが全てではないのが、研究でも確実にわかってきたようです。

    また、『話をきかない男、地図が読めない女』のような、男性脳、
    女性脳についても言及がありました。これも興味のある方はどうぞ。


    といことで、本書は、脳オタク以外でも、これまで三日坊主だった
    人で、夢や目標をかなえたいと思っている人にお薦め。とっても
    ライトに読めて、それでいてすんなる頭に入ってきますよ!
    これが、脳の仕組みを活かした書き方なのか(笑)

    30日で夢をかなえる脳 自分を変えるなんて簡単だ
    石浦 章一

    30日で夢をかなえる脳 自分を変えるなんて簡単だ
    望みをかなえる脳 面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則 榊原式スピード思考力 すべての情報は1冊の手帳にまとめなさい 世界は感情で動く (行動経済学からみる脳のトラップ)
    by G-Tools


    ■本ブログで紹介した脳関係の本

     勝負脳の鍛え方 林 成之
     残り97%の脳の使い方 苫米地英人
     それでも脳はたくらむ 茂木健一郎
     ブレインハックス 佐々木 正悟


    ここまで読んでくれて、ありがとうございました。
    にほんブログ村 本ブログへ

    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    この記事へのトラックバック