2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!

【日本生まれのノート術】年収が10倍アップする!フィッシュボーンノート術

ノート術と言えば、マインドマップやマンダラ、東大生とかいろい
ろありますね。今回ご紹介する「フィッシュボーンノート術」は
一見アメリカ生まれに見えますが、れっきとした国産?のノート術。

この「フィッシュボーン」を考え出したのは、東京大学名誉教授の
故・石川馨先生だそうです。その後、1952年、川崎製鉄で初め
て使われて、大きな成果をあげたことから、超一流企業がこぞって
使い始めました、というノート術。

このフィッシュボーンを使っている超一流企業とは、
「トヨタ」「日産」「デンソー」「ヤクルト」「日立」
などだそうです。

実際に現場で使われていて、大きな成果を挙げている、というとこ
ろがミソですね。


僕も本書を読んで、早速電車の中で仕事のアイデア出しと、作業の
洗い出しに使ってみました。マインドマップと違って、最終的な形
がだいたい決まっているので、書きやすいですね。また、無理に
絵を入れる必要がないことや、キーワードだけを書くという決まり
もないので、思いついたことを書きやすいのがポイント高いです。

また、本書にも書いてありますが、構造が概ね決まっている分、
俯瞰して見やすい、というのも特徴ですね。そして、これが大事だ
と思うのですが、「うまく整理されてる」という感覚が持てます。
なので、すごくすっきりして、覚えられるんですよ、これが。

実際、普通に書くより4倍記憶しやすい、とのこと。このあたりの
理論的な説明については、本書をどうぞ。

今日いっぱい、アマゾンキャンペーン中なので、この期間中に
ポチっといくことをお薦めします。(無料特典4つ付き!)

年収が10倍アップする!フィッシュボーンノート術
年収が10倍アップする!フィッシュボーンノート術駒井伸俊

フォレスト出版 2009-06-01
売り上げランキング : 6

おすすめ平均 star
starやっと見つけた!資格試験、大学受験に使える
starサカナノホネ
star「トヨタ」「日産」などの一流企業が使っているノート

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



このフィッシュボーン、読書やセミナーメモにも使えるとのことで
実際に著者のノートが本で紹介されています。実際にどう書いてる
のかを見れば、イメージがわくと思います。ちなみに、セミナーの
メモですが、今年の本田健さんのですね、僕も何回か行ったから
ばっちりわかりましたよ(笑)

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
今日もクリック感謝です人気ブログランキング

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/121263107
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。