2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!

3本線ノート術 橋本 和彦

ノート術といえば、ビジネス書の定番ですよね。マインドマップだ
シンプルマッピングだ、1冊にまとめろだ、本当にたくさんあるの
で、迷ってしまう人も多いかも、と勝手に心配してしまうほど(笑)

今回取り上げる『3本線ノート術』も、もろノート術の本です。

このノート術は、難関校向け進学教室の学院長である橋本 和彦さん
が、勉強ができる子とできない子の違いの観察から生まれた、できる
子の思考法を、だれでも使えるようにノート術に落とし込んだもの

なんだそうです。

そんなわけで、先に子供向けにも「3本線ノート術」の著書が出版
済みなんだそうです。で、その本を見た親のほうからも

・仕事の効率が驚くほどアップした(20代・事務)
・仕事のプロセスが「見える化」できて、課題もクリアになった(40代・管理職)
・たくさんの情報をきちんと整理できるようになった(30代・営業)

なんていう感想をもらったのが、今回の出版の理由になったのだとか。

本の性質上、3本線をどう使うのかを書いてしまっては身もふたも
ないので本を見てもらうとして(表紙見れば少しわかりますが)
ここでは、感想だけをお伝えします。


3本線を引くという、最大のポイントは、すべてを3ステップ(また
は3ステップ以上)で考える、ということになると思います。
しかも、こういう思考法そのものが子供のころにベースが出来てい
て、大人になってもそれが変わらない。それゆえに、ベースとなる
思考法そのものを、ノート術という形で定着させることは、確かに
意味があるなぁ、と思います。

例えば、ニュースなどを見て「大雨でがけが崩れました。その結果
がけの下にあった家が壊れました」という、表面的な原因と結果だ
けで思考をストップしてしまうのが、ごく普通のレベルの思考法で
す。勉強で言えば九九を暗記した、3×3の答えがわかる、という
レベルですね。

これだと、単純に出来事を表面的に知っているだけで、それ以上に
は思考が発展しません。大雨の原因はなんだろう?とか、壊れた家
をどう直していったら良いのかとか、そもそもなんで崩れる対策を
していなかったのか、はたまた、なんでそんな危険な場所に家があ
るのか、など、1つのニュースでもさまざまな視点から考えること
ができますよね。こういう、何かに対して、もう一段突っ込んで考
えることが大切で、それをノート術という形でうま〜く表現してい
るのが面白いです。


個人的には、3本の線というと、最初は色わけかな?と思っていた
んで、良い意味で裏切られたのが印象的でした。ノートの見開き2
ページを3本の線で区切るのがこの3本線ノート術なんですが、
その3本の線の、微妙な引き場所が、ちゃんと練りこまれている感
があるんです、これが。この微妙な感覚は、ぜひ本書でお確かめ下さいね!

3本線ノート術
3本線ノート術

ちなみに、このノート術、勉強だけでなく、時間管理、問題解決、
そして発想力を鍛える、メモ、ビジネス英語学習、自己紹介、そし
てプレゼンの構成まで、多様な使い方を実例付きで紹介しています。
興味のある方はぜひ!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
今日もクリック感謝です人気ブログランキング

この記事へのコメント
はじめまして。
おもしろそうな本ですね。

フォトりーされているのですね。
わたしも受講しようか検討中です。

わたしのサイトにリンクを貼らせて頂きました。
よろしければ相互リンクをお願いできないでしょうか。

これからもよろしくお願いします!
Posted by わんわん at 2009年09月27日 05:36
わんわんさん、コメントありがとうございます。

リンクどうもです。僕もリンク貼らせていただきますね。
Posted by LuckyUS at 2009年09月30日 06:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック