2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!

【自己啓発小説】走る男になりなさい 本田直之

「レバレッジ」シリーズでお馴染み!の本田直之さんが、意表を衝
いて自己啓発小説を出版されました!

走る男になりなさい
走る男になりなさい

主人公『海』は、経営がピンチという猫じるし出版の広告営業部の
27歳。ある日突然、新雑誌の創刊準備室への異動を命じられる。
その創刊準備室は、会社の屋上のプレハブという建築基準法どうよ?
の世界。しかも集められたメンバーは「わけあり」な9人。

新雑誌が発売され、収益を上げられなければ、準備室は解散を社長
(超ワンマン)に宣告された!

はたして主人公は、無事に新雑誌を立ち上げ、猫じるし出版を救う
ことになるのか!?


今日もクリック感謝です人気ブログランキング

自己啓発ネタ&感想



小説ってことで、話の概要も触れられないのはご理解くだされ。

本書は、普通の小説と違い、自己啓発小説ということで、ビジネス
的にも使えそう、という部分が太字で印刷されていたりします。
その部分をいくつかご紹介しますね。


外部要因思考といってね。うまくいかない原因を外に求めている限り、何も変えられませんよ

「たった8人だけど、まとまるのは難しい」

行動しないと意味がない −ポジティブ・アクションにしなくちゃって

「マーケットがあるかどうか、調べて、確かめれば良い」「ニーズがなければ、掘り起こせばいいんですよね」

忙しい人ほど、対応が早い

「外から強制力が働くと、意外にも自分の知らないほどの力が湧いてくるのかもしれない」



いかがですか?自己啓発小説、やはり侮れません。


個人的には、太字ではありませんが、以下の一文もナイス!と
感じましたよ。

今のスケジュールとか、お金の都合で、大事なことを・・・・決めないというか。」


そして、ラスト付近の以下の言葉は、セルフイメージの究極かと。
(これも太字じゃなかったですが)

「すべてを手に入れても、いつだって最初からやりなおせる自分でいたい、何もなくても、自分という存在に自身がつけば満ち足りるから

こういう自分になってみたいもんです・・・・


話の展開的には、もう2転3転と、素直だけがとりえの主人公が
さんざん振り回されるんですが、チームメンバーの成長と、全力
で仕事に取り組む姿には、感動しました。ラストの展開は、本当
予想外でした!


女性7対男性1という、男的には申し分ない環境で働く主人公で
すが、「直子」という年上の恋人もいたりして、まさに男の妄想
的な世界でもあります。こちらの展開も気になりますよね。

本田さん初の「自己啓発小説」。読みやすさといい、走ることと
仕事の関係といい、気付きといい、読後感といい、申し分ないデキ。

「がっつり、爽やか」ってな感じでした。

レバレッジファンならずとも、ぜひ一読あれ!

走る男になりなさい

4763199307

関連商品
意思決定力
フォーカル・ポイント
ビジネスパーソンのための家計簿―本田直之式アカウントブック
目立つ力 (小学館101新書 49)
一生お金に困らない3つの力
by G-Tools


ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
今日もクリック感謝です人気ブログランキング

この記事へのコメント
いつも拝見しております。本田さんは自らがレバレッジを実践して、本に書かれているから凄く説得力があるんですよね。
Posted by 青山ネリマ at 2009年11月03日 16:06
青山マリネさん、コメントどうもです。

この小説、走ることにしても、ビジネスにしても、出てくるカフェにしても、本田さんご自身の経験からのものが多いのでしょうね。

個人的には、大事なことを決めるのにお金やスケジュールにとらわれない、というのが一番響いたところです。

ありがとうございました。
Posted by LuckyUS at 2009年11月04日 06:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック