2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!

平賀氏のセミナー予約

 日本一やさしいネットの稼ぎ方
 -ネットで稼ぎ続ける人は何が違うのか
の著者、平賀 正彦 氏の
インターネットビジネスのセミナーに
参加することに決めました。

日本一やさしいネットの稼ぎ方―ネットで稼ぎ続ける人は何が違うのか日本一やさしいネットの稼ぎ方―ネットで稼ぎ続ける人は何が違うのか
平賀 正彦

by G-Tools


今日もクリックありがとう
人気ブログランキング


 元々は、「非常識な成功法則」の著者であり
平賀 正彦氏がWebマスターを勤める
株式会社アルマックの神田 晶典氏の
メルマガで告知があったのがきっかけでした。

ただ、最初に告知があった時にはすぐに申し込みをしなかったため
すぐに満席になってしまい、受講はあきらめていました。

この時はまだ平賀氏の本を読めばいい、と思っていました。
また1日まるまる(10時から17時まで)とはいえ、
5万円の費用がかかることに対して
ちょっと気後れするところがあったのも事実です。

 ところが先日仕事から帰ってメールチェックをしていると、
アルマックから緊急告知のメールが来ていました。
なんと、例のセミナーに数名キャンセルが出て、追加募集している!
という内容でした。

 これは千載一隅のチャンスだ!
と思いましたが、実はすぐに決断できませんでした。
すでに平賀氏の本を読んで、その内容のすごさに関心しているというのに!

 実は、私はここ数ヶ月にわたって、「自分で決められることは即決する」
ということを実行してきましたが、今回はそれが出来ませんでした。
それは、私の中にある不安のためでした。

 申し込みページまでは読んだのです。
実際に受講された方の声も載っていました。
これはすごい、と思う気持ちが湧き上がる反面、
なぜか申し込みできない自分がいました。

結局、その夜は申し込みせずに布団に入りました。
その夜は、ちょうど妻がアンソニー・ロビンズの
「10日間のメンタルチャレンジ」をしている最中でした。
私が夜のパワーアップクエスチョンを声に出して読んで
それに妻が答える、ということをやっていました。
質問が全部終わったあとで、私は妻に正直に告白しました。
「「非常識な成功法則」の神田さんの会社が主催のセミナーが
 あるんだけど、正直行くのを迷ってるんだよねぇ。
 1日で5万円だし。」
すると妻はすかさずこう答えてくれました。
「いきたいなら、行っておいでよ。そのくらいお金は
 なんでもないでしょ。」
私の心の中で霧が晴れたのはこの時でした。

やはり自分の感じていることを、言葉に出してみる
というのは、とても大切なことです。
自分でもわからないモヤモヤが整理されるし、
それについて人からフィードバックが得られる。
この時がまさにそんな感じでした。

ちなみに私が感じていた不安は・・・
・自分にはその準備が出来ていない
・以前このセミナーはあきらめていた
・金額が高いのではないか
という今考えると実にくだらないものです。
しかし、正直に自分に向き合っていなかったので
それが漠然とした不安、霧のような感じでしか
感じられなくなっていました。


さて、この時はもう布団に入っていたので、
実際に申し込みをしたのは翌朝になりました。
いつも早起きな私(5時半くらいに起床)ですが、
この時は5時に目が醒めてしまいました。
お前は遠足の日の小学生かと自分でツッコミを入れつつ
速攻で申し込み、あーんどネットバンキングで受講料の
振込みまで済ませました。

さ、あとは本番(2006/7/23)を待つばかりです。
(7月後半はセミナー三昧の予定)

あと嬉しいことに、平賀氏のセミナーに
神田氏も講師として出席されるということでした。
まだお二人ともに生で見たことが無いので
非常に楽しみです。





アンソニー・ロビンスの10日間のメンタルチャレンジとは、
人生のフォーカスをプラスの方向に向けるため、
朝に7つ、夜に3つの質問を10日間続けて行うというものです。
詳しく知りたい方は、彼の著書「人生を変えた贈り物」を
手にとってみて下さい。
あの本田 健さんも絶賛していますよ。

私も数ある自己啓発本の中でもトップクラスだと思っています。
今のままの自分で満足、という人は読まないで下さい。
そういう人向きの本ではありません。
自分を変えたい、という思いが強い方にお勧めします。

人生を変えた贈り物 あなたを「決断の人」にする11のレッスン人生を変えた贈り物 あなたを「決断の人」にする11のレッスン
アンソニー・ロビンズ 河本 隆行

by G-Tools


ここまで読んでくれて、ありがとうございます。
よろしければ、応援お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ

フォトリーディング@Luckyになる読書道

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/20189851
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。