2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!

【フォトリーディング】「ひと言」で相手の心をつかむ

【タイトル】 「ひと言」で相手の心をつかむ恋愛術
【著者】   ゆうきゆう
【ページ数】 248P
【読む目的】 会話のポイントとなる「ひと言」を知りたい
【読んだ時間】25分
【マインドマップ】   1枚
フォトリーディング度】★★★★

宜しければ応援お願いします。
人気blogランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ

「ひと言」で相手の心をつかむ恋愛術 恋が思いどおりになる16の心理テクニック「ひと言」で相手の心をつかむ恋愛術 恋が思いどおりになる16の心理テクニック
ゆうき ゆう

ココロをつかむケータイメール―愛される50の法則 男が「大切にしたい」と思う女性50のルール―男はこう考え、女の「ここ」を見ている! モテモテ心理術 女医マヤの相手の心をトリコにする秘密の心理術 相手の心を絶対にその気にさせる心理術

by G-Tools



■24時間以内にあった良かったこと
 今日は夫婦で仲良く出勤できました。
 (結婚10年目に突入)



■一言の重要性
 この本の構成は、こういう時には
 次のどのひと言で返せば良いか?
 という質問形式になっており、
 それぞれの答えの解説と、正解を示す、
 というものです。

 かならずしもこの本と同じ状況があるわけでは
 ないと思いますが、
 結構使える場面は多いのではと思います。

 一番最初は、知っていても知らないフリをして
 教えてもらう、ということの大切さでした。

 相手に好意をもってもらうことと同時に
 知っていると思っていることでも、
 相手の観点が違っていたり、
 自分も知っているけれど、部分的には相手の方が知識があるかもしれない、
 という視点で見ることも大切だなと思いました。
 
 何であれ、学ぼうと思ったら誰からでも学ぶことは
 たくさんあるものですね。


■「そうそう!」と思ったこと
 この本では男性心理がかなり解説されていて、
 「そうそう」と思ったのが、女性から言われた
 何気ないひと言にすごくネガティブに考えてしまう
 「変換」が発生するという部分。

 例えば彼女を誘って店に入る時に、その店のことを
 彼女が「古い感じ」みたいなことを言ったとします。
 そうすると男は「こんな古臭い店を選んだ俺は
 だめだめってことか〜?」みたいに妙に考えてしまう、
 ということをいろんな例を出して説明していました。
 女性の側からすると、単に思ったことを言っただけで
 深い意味は無い一言かもしれませんが、
 男にはすごい効く一撃になったりするんですよね。
 
 ちなみにこの話を嫁さんにしたところ、
 「確かにね〜。でもそんなの気にしてたら話できないよ〜」
 とのありがたい回答。
 



■お勧めの人
 基本的に女性向けの本ですので、
 こんな人にお勧め

 ●好きな男性にアタックする自信が欲しい人
 ●既に恋人がいてもっと関係を深めたい人
 ●きれいに別れ話を切り出したい人


「ひと言」で相手の心をつかむ恋愛術 恋が思いどおりになる16の心理テクニック
ゆうき ゆう

4569663885

関連商品
ココロをつかむケータイメール―愛される50の法則
男が「大切にしたい」と思う女性50のルール―男はこう考え、女の「ここ」を見ている!
モテモテ心理術
女医マヤの相手の心をトリコにする秘密の心理術
相手の心を絶対にその気にさせる心理術
by G-Tools


Yahoo! RSSリーダーをお使いの方、こちらで登録できます。
My Yahoo!に追加


フォトリーディング@Luckyになる読書道

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

まるで魔法をかけられたようにに異性に持てるようになる。
Excerpt: もし、あなたがルックスに自身がなくお金もないとしたらモテることをあきらめなければならないのでしょうか?いいえ、違います。ルックスやお金がなくてもモテることは可能です。モテるための心理テクニックをご存知..
Weblog: 恋愛相談室
Tracked: 2006-10-18 10:27

相手の心
Excerpt: 通常、人は、モノを購入する時、商品同士の金額や内容を比較したりして、少しでも良いモノを選ぼうとする。同じ商品でも、色々なお店で買えるから、お客が購買意欲を持って来店しても、店員の態度や店の雰囲気で他の..
Weblog: HottaWorld::「活・喝・勝」
Tracked: 2007-01-04 23:14

相手の心
Excerpt: 通常、人は、モノを購入する時、商品同士の金額や内容を比較したりして、少しでも良いモノを選ぼうとする。同じ商品でも、色々なお店で買えるから、お客が購買意欲を持って来店しても、店員の態度や店の雰囲気で他の..
Weblog: HottaWorld::「活・喝・勝」
Tracked: 2009-03-26 11:35