2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!

お金のIQ お金のEQ

 今回は本田健さんの「お金のIQお金のEQ」を
フォトリーディングしました。

幸せな小金持ちシリーズを引き続き読んでます。

お金のIQ お金のEQ
お金のIQ お金のEQ
本田 健

関連商品
幸せな小金持ちへの8つのステップ
「ライフワーク」で豊かに生きる
ユダヤ人大富豪の教え〈2〉さらに幸せな金持ちになる12のレッスン
一瞬で自分を変える法―世界No.1カリスマコーチが教える
ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣
by G-Tools



本の内容的には、

●あなたがお金のために「自分らしさを失う理由」
●あなたのお金の履歴書
●世界の幸せなお金持ちが知っている
 「お金の法則」
●お金のIQとは?
●お金のEQとは?
●お金と幸せの関係

こんな感じです。

この本も、お金儲けの話なんて、全く出てきません。
こっちを期待して買わないように!


いかに自分の人生が「お金に対する態度」に左右されているかを知ること
その影響をどうやったらニュートラルに持っていけるのか?

それがこの本のポイントですね。

豊かに、幸せに生きるには
豊かさを受け取ることと、今の状態に心から感謝して満足することの
両方が必要になります。

前者がお金のIQ、後者がお金のEQですね。

どんなにお金があっても、お金が減ることを心配し続けたり、
もっともっと稼ぎたいと思っている限り、
本当に幸せな気分で生活することなど出来ないでしょう。



▼ここがお気に入り!

 私が個人的に気に入っているのは
お金のEQ4原則です。

4原則は以下のとおりです。



●原則1【受け取ること】

 ここでいう「受け取る」とは
 怠けるとか、受動的なものではなく
 与えられるものをちゃんと感謝して受け取るということです。

 そのためには信頼される人間になる必要があるし、
 そうなるための努力が必要なのです。

  よく、先に与えて、それから受け取る
 というようなことを聞きます。
 でもこの本では与えること=受け取ることと言っています。

 あなたが何かを人にプレゼントして、
 快く受け取ってもらえたら、どう思いますか?
 とても嬉しいと思いませんか?
 そう、受け取ることで、相手に同時に喜びを与えているのです。

 与えることを先に、と考える人は与えなければ
 豊かさが来ないという制限を作ってしまっているのです。


●原則2【感謝して、心から味わうこと】

 原則1と関連していますが、
 自分が受け取ったものを感謝して味わうことで
 相手にも喜びを与えていることになります。

 ここでポイントはどんな些細なことでも、
 「簡単に喜べる人になる」ということです。
 自分が些細なことにでも喜んで、それを感謝することで
 周りの人にもどんどん幸せが増えていきます。

 そして、お金に対しても感謝して、
 「楽しんで使う」ことが必要なのです。

 一般的な価値観では、お金を楽しんで使うなど
 否定されているからです。

 お金それ自体は、良いものでも悪いものでもありません。
 でも実際にはお金に悪いイメージをもったり
 逆にお金を稼ぐことだけに執着してしまうと
 お金に対するストレスや、お金が無いことで
 人生に大きな影響を与えてしまいます。

 でもお金に対しても感謝して、心から味わうことが出来れば
 お金とストレスなく付き合うことだ出来て
 その結果、お金が集まってくるのです。


●原則3【信頼すること】

 これは、自分の人生を信頼することだと思います。

 人生には良い時もあれば悪い時もある。
 でも良い時には良い時なりに、悪い時でもあわてず騒がず
 一喜一憂せずに、その時にできることをやっていくことが
 重要になります。

 常にその瞬間を楽しんで生きる姿勢って素晴らしいと思います。
 なかなか難しいかもしれませんが。


●原則4【分かちあうこと】

 単純に寄付することではありません。
 よく「お金持ちになったら寄付しよう」という人が
 いますが、現実には大富豪はお金持ちになる前から
 寄付する習慣があるそうです。

 それは、
 「自分には人に与えるくらいの豊かさが流れてくる」
 という信頼が大もとにあるのです。

 だからそのお金が惜しいとか、
 そういうストレスとは全く無縁の世界で、
 お金を循環させることができるのです。

 お金に執着し、お金を溜め込むのは
 豊かさの流れをせき止めてしまう行為だそうです。
 せっかくお金持ちになっても幸せになれない人たちは
 このタイプになってしまうからだそうです。




おわりに
 それにしても、お金の問題が、人生に対して
すさまじく影響を与えていることを認識しました。
お金に対するいろんな信念と、それがどうして
そう考えるようになったのか?
その原因となったことや、その時の感情を
ちゃんと癒すことがライフワークの時と同様に必要ですね。


宜しければ応援お願いします。
人気blogランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ

Yahoo! RSSリーダーをお使いの方、こちらで登録できます。
My Yahoo!に追加


フォトリーディング@Luckyになる読書道


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/28963582
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。