2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!

自分の才能に気づく55の方法@中谷彰宏

 今年の最初に自分の才能に気づく55の方法を
フォトリーディングしました。

自分の才能に気づく55の方法―気づきの達人
中谷 彰宏
4759308059



著者は中谷彰宏氏です。
最近は手書きマインドマップばかりでしたが、久しぶりにJUDE/Thinkを使いました。

宜しければ応援お願いします。
人気blogランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ


この本の対象者が一番最初に書かれていました。

1.才能が見つからない人
2.才能が無いのではないかと、諦めかけている人
3.それでも、諦めきれずに、才能を見つけたい人

1コでも当てはまったら読んでみて下さい。
ちなみに私は1っすね。


さて、読んでいてすぐに気が付くのですが、
本書では自分の才能は実は既に自分が持っている
ものに気づくことだ!と言っています。

才能は誰もが持っていて、ただ日々の生活の中で
忙しかったりして気がついていないだけということです。

確かに、何が自分の才能なのか?
などということ自体を考えないですから、普通。
逆にそれを考えたり、感じたりすることスタートラインなんでしょうね。

見つけ方をいろいろ挙げてくれています。

●疲れ果てて熟睡できること
●他人を褒めていること
●評判が悪くなったこと
●時間をかけたくなるもの
●学校の成績表で短所として書かれたこと

なかなか面白いです、とくに最後のなんか。
本田健のライフワークの見つけ方と似ている部分がありますね。


また、2章以降では才能の磨き方も記載されています。
良いな!と思ったのは以下です。

●1つの才能全部捨てる
●自立心が必要
●言い切るところから始まる
●ライバルと切磋琢磨する
●才能があるからこそ試練があり、壁がある

あと、チームで何かすると才能を見つけやすいというのもありました。
チームのトップをすることだけが才能ではない。
ナンバー2や、それ以外の仕事も才能になりえる!というのも
今までの自分にはなかった考え方でした。

「才能」というものについて新しい気づきを与えてくれた本でした。


フォトリーディング@Luckyになる読書道

この記事へのコメント
こんばんは!
自分の才能とか、自分の強みというのはなかなか難しいですよね。見つけ方というのは面白いですね。実は自分が強みだと思っていることがそうでなかったり、その逆にも気づきそうですね。
Posted by 手文庫@プログラマーの手文庫ブログ at 2007年01月07日 01:30
はじめまして。
ランキングから飛んできました。
最近せっせと読書法関連の本を読んでいます。
1日1冊1時間が目標ですが、修行が足りなくてなかなか1時間では読めません。
この「才能」の本、いいですね。
読んでみたいと思います。
Posted by 望海 at 2007年01月10日 00:47
 手文庫さん、こんにちは。
 自分に才能があるってことを認めるのは
 なかなか出来ないことですね。
 子供のころに叱られたことの裏に才能があるって
 話をきいたことがあります。

 望海さん、こんにちは。
 私は1冊1時間はできてますが、毎日1冊が
 なかなかできません。
 今のところ、2日で1冊くらいです。
 まだまだ精進が足りないようです。
Posted by LuckyUS at 2007年01月25日 13:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/30921009
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。