2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!

東洋経済 2007/1/13「雇用破壊」

 先週の東洋経済の雇用問題の特集で、
人材派遣会社 ザ・アールの奥谷禮子社長の発言が
波紋を呼んでいる。
というか非難を呼びまくっている。
私もこの記事を読んだ時は、わが目を疑ったくらいだった。
「こんなことを言う人が本当にいるの?」


インタビュー記事は『過労死は自己管理の問題です』
となっており、さすがにこりゃまずいだろ!
という内容になっている。

読んでいただくと、わかると思いますので
東洋経済から引用します。


若い人の中には、もっと働きたくてウズウズしている人たちがいる。結果を出して評価を得たいから、どんどん仕事するわけですよ。ところが現法制下では上司が「早く帰りなさい」と。本来そこは代休などの制度を確保したうえで、個人の裁量に任せるべき。働きたい人間が働くのを阻むのはマイナスですよ。
仕事が面白い、もっと能力を高めたいと思っているときに、人の能力は伸びます。自分自身の商品価値が上がれば、会社が買収されたとか倒産した場合でも、労働市場で売れるわけです。今まで8時間かけていた仕事を4時間でこなして、残り4時間は勉強に充てようとか、ボランティアをやろうとか、介護や育児に回すこともできる。24時間365日、自主的に時間を管理して、自分の裁量で働く。これは労働者にとって大変プラスなことですよ。
自己管理しつつ自分で能力開発をしていけないような人たちは、ハッキリ言って、それなりの処遇でしかない。格差社会と言いますけれど、格差なんて当然出てきます。仕方がないでしょう、能力には差があるのだから。結果平等ではなく機会平等へと社会を変えてきたのは私たちですよ。下流社会だの何だの、言葉遊びですよ。そう言って甘やかすのはいかがなものか、ということです。
さらなる長時間労働、過労死を招くという反発がありますが、だいたい経営者は、過労死するまで働けなんて言いませんからね。過労死を含めて、これは自己管理だと私は思います。ボクシングの選手と一緒。ベストコンディションでどう戦うかは、全部自分で管理して挑むわけでしょう。自分でつらいなら、休みたいと自己主張すればいいのに、そんなことは言えない、とヘンな自己規制をしてしまって、周囲に促されないと休みも取れない。揚げ句、会社が悪い、上司が悪いと他人のせい。
ハッキリ言って、何でもお上に決めてもらわないとできないという、今までの風土がおかしい。たとえば、祝日もいっさいなくすべきです。24時間365日を自主的に判断して、まとめて働いたらまとめて休むというように、個別に決めていく社会に変わっていくべきだと思いますよ。同様に労働基準監督署も不要です。個別企業の労使が契約で決めていけばいいこと。「残業が多すぎる、不当だ」と思えば、労働者が訴えれば民法で済むことじゃないですか。労使間でパッと解決できるような裁判所をつくればいいわけですよ。
もちろん経営側も、代休は取らせるのが当然という風土に変えなければいけない。うちの会社はやっています。だから、何でこんなくだらないことをいちいち議論しなければいけないのかと思っているわけです。



というわけで、このお方にかかれば全て自己責任で
ことが済んでしまうことになります。

どういう経緯で厚生労働省の会議に呼ばれたのか知りませんが、
まぁ普通の感覚の経営者ではないようですね。
祝日も廃止だとか、ワーカホリックか?と疑ってしまう発言も
飛び出してます。





宜しければ応援お願いします。
人気blogランキングへ
にほんブログ村 本ブログへ

Yahoo! RSSリーダーをお使いの方、こちらで登録できます。
My Yahoo!に追加



フォトリーディング@Luckyになる読書道
関連記事
ライブドアニュース
「過労死は自己責任」 これは「あまりの暴論」なのか?

関連ブログ
「過労死は自己責任」って大胆だな。
「過労死は自己責任」 これは「あまりの暴論」なのか
過労死は自己責任なのか?
何かが間違っている労働論
「過労死は自己責任」発言に見る「労働者の現場の不理解」
ホリエモンとの肌の違いはなんだろう
残業代がなくなると・・・ホワイトカラーエグゼンプション
ホワイトカラー・エグゼンプション・残業とか、サービス残業

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/31800906
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

ミセス奥谷に甘い世の中
Excerpt: 本日は、 星新一もびっくりのショート・ショートでお送りします。 方々で非難ゴウ号なこのお方、労働政策審議会労働条件分科会委員、奥谷禮子氏を、多くの方のツッコミの隙間を縫ってのつっこみを。ショートキ..
Weblog: 言ノ葉工房
Tracked: 2007-01-21 09:01

イケイケ奥谷禮子
Excerpt:  週刊東洋経済1月13日号『特集・雇用破壊』をよんでいたら思わず腰が抜けそうになりました。  今話題のホワイトカラー・エグゼンプションを議論する厚生労働審議会労働分科会k使用者側委員である、人材派遣会..
Weblog: カイロスの前髪
Tracked: 2007-01-21 09:53

自称勝組(金儲け部門のみ)が日本の元凶 【格差社会】
Excerpt: 格差社会 勝ち組 負け組 どれくらい前から言われだしたんだろう。 JーCASTニュースで「勝ち組・負け組」アンケート調査結果が載っていた。 どれくらいの年収が勝ち組かという設問では「定期収入がある..
Weblog: らんきーブログ
Tracked: 2007-01-21 11:09

過労死は自己管理の問題?
Excerpt: 人材派遣会社社長、奥谷禮子氏による発言が問題となっている。   奥谷氏は厚生労働相の諮問機関である労働政策審議会の分科会委員。問題の発言はホワイトカラーエグゼンプションに関するもの。下の記事によると週..
Weblog: りゅうちゃんミストラル
Tracked: 2007-02-08 15:25

無駄に審議拒否してたわけじゃ
Excerpt: キヤノンの偽装請負で、御手洗会長の参考人招致を要求 民主党の枝野幸男衆院議員は7日の衆院予算委員会で、御手洗冨士夫・日本経団連会長の参考人招致を要求した。御手洗氏が会長を務めるキヤノンが、違法な労..
Weblog: zara's voice recorder
Tracked: 2007-02-08 23:16

「過労死は自己管理の問題」奥谷氏発言が波紋
Excerpt: 「過労死は自己管理の問題」奥谷氏発言が波紋 2007年02月07日 アサヒ・コム記事引用
Weblog: AKIRA発 プライベート編集局
Tracked: 2007-02-09 01:00

奥谷禮子の「品格」
Excerpt:  人材派遣会社「ザ・アール」社長で、労働条件分科会の使用者側委員でもある奥谷禮子氏の「週刊東洋経済」での暴言に非難囂々です。日刊ゲンダイ  奥谷氏は、過労死促進法と批判された日本版ホワイトカラー・エ..
Weblog: ろーやーずくらぶ
Tracked: 2007-02-10 14:22

「過労死は自己責任」って大胆だな。
Excerpt: 人材派遣会社の社長さんの言葉だと思うと、仮に丁寧な事前説明があったとしても、かなり大胆。本人がどの程度のレベルでそう話したのかは知る由もないけど、本意が半分以上じゃないと出て来ない言葉という気もする。..
Weblog: どーか誰にも見つかりませんようにブログ
Tracked: 2007-02-14 00:43

過労死は自己責任なのか?
Excerpt: 「過労死は自己責任」 なんてことが声高に叫ばれることが普通になったら、、、怖すぎる。 「過労死は自己管理責任」「下流社会だの何だの、言葉遊びですよ」――人材派遣会社ザ・アールの奥谷禮子社長が雑誌で..
Weblog: もっとこんな日記ですが
Tracked: 2007-02-14 23:32

奥谷禮子は女ヤクザか? 酒井不当配転裁判の勝利をめざす3・24京都講演集会より
Excerpt:  昨日開催された集会の参加者から講演内容が伝わってきた。何と奥谷が中野麻美さんと
Weblog: アッテンボローの雑記帳
Tracked: 2007-03-25 22:08