2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!

評伝シャア・アズナブル(下)@皆川 ゆか

評伝シャア・アズナブル《赤い彗星》の軌跡 下巻を読破。

評伝シャア・アズナブル 《赤い彗星》の軌跡 下巻
皆川 ゆか
4063646769


先日のシャアへの鎮魂歌
評伝シャア・アズナブル《赤い彗星》の軌跡 上巻

に引き続き、シャアものの第三段です。

フォトリーディングがあまり役に立たないことはわかっているので
普通に読みました。


「私、シャア・アズナブルがクリックしようというのだよ、アムロ!」
人気ブログランキング


この下巻は、Zガンダム〜逆襲のシャアまでの

シャア(クワトロ・バジーナ)の行動にスポットが当ります。


最終的には、

「何故、シャアは地球を壊滅させようとしたのか?」

がメインテーマになっていると思いました。


逆襲のシャアの、あの作戦の意味を語るのには

彼のそれまでの行動、経験を全て理解する必要があったから、

この評伝シャア・アズナブル《赤い彗星》の軌跡 を書いたのかも。


それにしても心理学の勉強までして、シャアの内面に迫った

皆川さんには脱帽です。




▼シャアとアムロ

  シャアとアムロのお互いの認識の違いというのが

 説明されていて、妙に腑に落ちた感じがしました。

 というのも、逆襲のシャアで二人が交わす会話に

 どうにもすれ違いが多いと感じながら、理由については

 深く考えたことが無かったので。

 シャアが、サイコフレームの技術を

 わざとリークした理由も納得です。

 またそれぞれが、人を、人類をどう見ていたのかまで

 解説してくれます。これが二人の決定的な差でしょう。

 良し悪しは別として。




▼ハマーンとシロッコ

  シャアがハマーン・カーンやパプティマス・シロッコと

 相容れない理由まで説明されています。

 実はシャアとシロッコは似たタイプではあるが

 シロッコは全てにおいて、あまりにも優秀すぎるため

 天才の視点(全てを論理で考え、感情は否定する)でしか、

 行動できなかった。


 また、ハマーンもニュータイプとしての能力がありながら

 過去の自分の経験に対する、特にシャアに対する恨みから

 でしか行動できなかった。だから、人類の未来に対する

 展望すらなかったため、シャアと相容れなかった。




とまぁ、ざっくりとこんな感じです。

実際には、色々と例を出して解説してくれてますので、

ガンダムファンなら必読ですね。


上下巻セット購入以外なさそうです。

評伝シャア・アズナブル 《赤い彗星》の軌跡 上巻評伝シャア・アズナブル 《赤い彗星》の軌跡 下巻


フォトリーディング@Luckyになる読書道

この記事へのコメント
この本、面白そうですね、、、。
最初、ファーストガンダムで、シャアの復讐という
サイドストーリーをすごいと思ったのですが、
よくよく考えると、天下国家を語る人間が、
私怨の復讐って、意外に子供っぽいなぁ、とか
思ったりしています。
Posted by indi-book at 2007年02月15日 18:06
LuckyUSさん、こんばんは。

ワタクシ、多少好みと違っててもアクセス集まるなら、
読んでもよくってよ・・・と言ってみるテスト(笑)。

今日ウチでご紹介した本は、通販やらない人には
値段も含めてあまりオススメできませんね(汗)。
考え方として面白いとは思うんですが・・・。
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2007年02月15日 22:35
そうですね、でも子供っぽいところが
魅力って場合も無きにしも非ずってのが
やっかいなもんですね。
Posted by LuckyUS at 2007年02月15日 23:32
smoothさん、こんにちは。

シャアもの、いやガンダムものはこれで最後なので
安心を。
通販本は、ちょっと考えてみますね。
Posted by LuckyUS at 2007年02月16日 12:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック