2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!

世界の日本人ジョーク集@早坂 隆

 前々から気になっていた「世界の日本人ジョーク集」を
ついに読みました。

世界の日本人ジョーク集
世界の日本人ジョーク集


ヤバイ、もっと早く読んでおけば良かった。

日本人ってこう見られてるんだ。と妙に納得してしまう本です。


みんなクリックしてますよ
人気ブログランキング


■目次
第1章 ハイテク国家像―クルマからアイボまで
第2章 お金持ちの国―バブルそして崩壊へ
第3章 勤勉な人々―会社人間・カロウシ
第4章 日本人的アイデンティティ―集団行動・笑わないなど
第5章 神秘の国ニッポン―風習・宗教・衣食住など
第6章 歴史・政治・外交―アメリカ&中国との関係
第7章 世界で活躍する日本人アスリートたち―スモウからイチローまで
第8章 新たなるニッポン像―世界を席巻する日本のマンガ&アニメ


それにしてもこれだけ多くのジョークをよく集められたものだと関心します。


日本に対するジョークだけでなく、フランス人、アメリカ人、ドイツ人など
いろいろな国に対するジョークとの対比が一層笑いを誘います。

電球を換えるのに、何人必要か?という「電球ジョーク」なるものの存在も
初めて知りました。


例えば、第8章のパターンでいくと

電球を交換するのに何人の日本人が必要か?

答え、3人

一人が電球を交換し、
一人がそれをマンガにし、
一人がそれをアニメにする



というようになるわけです。

こういうのがたくさん紹介されています。

暇つぶしでも、笑いたくてでも、世界から見た日本人像を知りたいでも
とにかく読んでみることをオススメします。


ちなみに一番好きなのをひとつ。


今にも沈没しそうな船の船長が、海に飛び込むことを乗客に
知らせるという状況で、各国の人にこう言って促した(^^;;

アメリカ人には「海に飛び込めば、あなたは英雄です」
イギリス人には「海に飛び込めば、あなたは紳士です」
ドイツ人には「海に飛び込むのが規則になっています」
イタリア人には「海に飛び込めば、あなたはもてますよ」
フランス人には「飛び込んではいけません」

そして、日本人には「みんな飛び込んでますよ」


フォトリーディング@Luckyになる読書道

この記事へのコメント
LuckyUSさん、こんばんは。

この本、やたら売れてますよね。
・・・やはりアクセス集まりそうだったら読んでみようかな(笑)?

あと、「ランキングクリック」のところは今日の場合
日本人なら「みんなクリックしてますよ」となるかと(汗)。
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2007年02月17日 02:04
smoohさん、こんばんは。

修正してしまいました(汗)
アクセスもそうですが、単純に面白かったですよ。
Posted by LuckyUS at 2007年02月17日 23:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/33787705
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。