2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!

ストレス知らずの対話術@齋藤 孝

 齋藤 孝さんの「ストレス知らずの対話術」を
フォトリーディング

ストレス知らずの対話術
ストレス知らずの対話術齋藤 孝

おすすめ平均
stars言うは容易いけれど
starsマッピングを軸に展開されるコミュニケーション
stars実践はしにくいかも
starsメモとそれの活用術
stars対話の新しい側面が見えてきます!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





今日もクリック感謝です
人気ブログランキング


目次

 序章 対話上手はストレス知らず

 第1章 コミュニケーションにおけるストレス
  ―なぜ人といるとストレスがたまるのか

 第2章 マッピングで対話上手になる

 第3章 快感を感じるコミュニケーション
  ―暗黙知を共有すればするほどストレスは減る

 第4章 コミュニケーションを鍛える「三つの力」

 第5章 マッピング・コミュニケーションを応用する



この本の目指すところは、半フォーマルな場でストレスなく
対話できるコミュニケーション術を磨く!ということ。

そもそもストレスの原因は、対話の不調和がもたらしており、
それを解消することが目的になっている。
だから「ストレス知らずの対話術」というタイトルなのだ。

第1章ではストレスが溜まる原因をいろいろと
解説してくれていますが、ここでは省略。


で、対話力を磨くための方法として提案されているのが、
「マッピングコミュニケーション」という方法。

簡単にいうと、テーマを決めて対話しながら、
紙の上に話の中に出てきたキーワードを書いていき、
キーワードを矢印で結んだり、
色をつけることでお互いに意味付けをして対話の中身を
共有していこうというもの。

■簡単なルールとしては
 ・相手を否定しない
 ・色は3色(普通=、重要=、主観的に興味=
 ・制限時間を設ける


お気づきの方もいると思いますが、

マインドマップにかなり近い感覚です。

複数人で会話しながら、みんなの会話の内容をみんなで
マインドマップに落としていく、みたいな感覚だと
思ってくれればそう外れないでしょう。

結構面白そうです。


で、実際にやってみる上でいろいろと
こうやってみれば?というネタが3章以降です。


ここからはキーワード主義でいきます。

■直角二等辺三角形の奇跡
 二人ならポジショニングは横向きで

 よくコンパでも気になる相手の横に座れと
 いいますが、こんな表現をするとは・・・


■まずはネタ出し
 吟味しない、評価しない、否定しない、吐き出す


■連携プレイ
 カオスを繋げる、連帯感を生む
 相手の左脳になる、ゲームとして楽しむ


■コミュニケーションを鍛える「三つの力」

 ●ポジショニング力
  喫茶店タクティクス、緊張感、集中力、場を感じる
  ⇒TIME HACKS!でも喫茶店が登場しました
   やはり日常とちょっと変わった場って必要。

 ●メモ力
  会話をブロックわけ、質問力、
  メモされると嬉しい

 ●引用力
  相手の言葉を取り込む、言葉が生き返る
  自分との関係を表す、アピール力


■応用編
 自分の偏愛マップ(自分の好きなものマインドマップ)
 ⇒これを交換したら、話題がつきませんね。

 二人で見た映画をマッピング
 旅行先でマッピング
 会議でもマッピング
 企画にもマッピング
 
 ⇒記憶の定着とか、アイディアを出すのにも使える!
  いかにもマインドマップですな。



さて、最後にはアイデンティティの話まで飛び出すこの本。



■アイデンティティ
 自分の一貫性
 自分らしさは自分が作る
 自分磨きは技磨き



単なるコミュニケーション術にとどまらない奥深さを持っています。



宜しければ応援お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ


フォトリーディング@Luckyになる読書道

この記事へのコメント
LuckyUSさん、こんばんは。

なるほど〜。これがウワサに聞く「偏愛マップ」ですね!
私はまだやったことが無いのですが、「偏愛マップ」をマインドマップで作るというのは、どなたかが奨励されていたような。

ところで、ケータイサイトまで考えてらっしゃったとはスゴイです。
私の場合、ケータイ小説本やらケータイSEM本まで買ってるのに、未だPHSという(汗)。
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2007年03月05日 21:46
smoothさん、こんにちは。

「偏愛マップ」って私は初めて聞いた言葉でした。
そんなに有名だったんでしょうか(汗)

ケータイサイトのほうは計画のみです。
ドメイン取っただけで、内容を考慮中。
このブログ自体はケータイでも見れるので
また違ったものにしようと画策中です。
Posted by LuckyUS at 2007年03月06日 06:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/35240311
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。