2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!

上流に昇れる人、下流に落ちる人@和田秀樹

 和田秀樹さんの「上流に昇れる人、下流に落ちる人」を
フォトリーディング

上流に昇れる人、下流に落ちる人―The Thinking and Behavior to Succeed
和田 秀樹
4344012178



フォトリーディング向きの1冊。
「格差社会」でなぜか「いい思い」ができる人の共通点を62個も大紹介してます。


上流をイメージしてクリック
人気ブログランキング


目次
 第1章 一流の考え方、三流の考え方
 第2章 プラスの人づき合い、マイナスの人づき合い
 第3章 チャンスを掴む行動、逃す行動
 第4章 損する性格、得する性格
 第5章 要領の良い働き方、悪い働き方
 第6章 人望を集める話し方、失う話し方
 第7章 成功に近づく習慣、遠ざかる習慣


最近、ちょっと下流系の本を読んでいたので、

この本にも目がいきました。


医師である和田秀樹さんですが、既に多数の著作を出してますね。

本作では、「格差」が叫ばれるなかで、

上流/下流の分かれ目、ポイントは何かを示してくれます。





■一流の考え方
 自分らしさは真似ることから始まる
  捨てて捨てて残ったのが自分らしさ

 プラス思考より「バランス思考」 
  プラス君とマイナス君の意見を聴こう

 複眼で見る、何でもお金で考える 数字で考える、比較する

 バカなことを考える、80点でOK


■プラスの人つき合い

 先手必勝
  あいさつも謝ることも

 不義理をする
  義理も大事だが、自分の判断を優先させる

 人との距離
  踏み込みすぎない
  一匹狼になれる
  苦手な人とは距離をおく


■チャンスを掴む行動

 二度手間は億劫
  即時処理を心がける

 動機付けができる
  動機を演出する、不純でも良い

 要約力
  ツボをおさえる
  「要するに」「早い話が」

 人の頭を利用する
  一人で出来ることの限界を知ること


■その他、上流へ昇る人は・・・

 怒りをコントロールする

 笑う余裕をもつ
  自分をもネタにする>客観視

 ポジティブ不満を持つ
  もっと●●なら良いのになぁ
 
 朝令暮改できる人
  状況の変化にすぐに対応することは重要

 暇そうにする
  何でも自分でやってしまう忙しい人は下流へ
  集客請負人:平賀正彦さんも似たようなことを言ってました

 決断する
  メニューを見て即決するなんて良いトレーニングです。
  でもあれも良いかも、これも良さそうなんて人、多いかも



いやいや、ネタがありすぎて大変なんでここで止めときます。

上流側のみ書きましたが、下流への方が結構驚きがありました。

ちょっとだけ書くと・・・・

 ・仕事とプライベートを分ける人
 ・いつでもプラス思考の人
 ・男は中身で勝負!と思う人


こんなのが一杯です。

結構面白いので、ここに挙げたのが気になった人にはオススメ。




宜しければ応援お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ


フォトリーディング@Luckyになる読書道

この記事へのコメント
LuckyUSさん、こんばんは。

和田先生らしいといえばらしい内容のような(笑)。

>何でも自分でやってしまう忙しい人は下流へ

ここにドキっとしました。
そろそろブログも外注にしますかね(笑)。

明日、「ネオニート」紹介するツモリです。
トラバ行きますので、よろしくお願いします。
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2007年03月08日 21:41
smoothさん、こんにちは。

私も何でも自分でやりたがりなんで
焦りましたよ。

翔泳社のSEO本、出張時にさくっと買いました。
もうすこし被リンクを増やさないと。

トラバ、お待ちしてますね。
Posted by LuckyUS at 2007年03月08日 23:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック