2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!

ディベートの達人が教える説得する技術@太田 龍樹

 太田 龍樹さんの「ディベートの達人が教える説得する技術」を
フォトリーディングです。

ディベートの達人が教える説得する技術 ~なぜか主張が通る人の技術と習慣~
ディベートの達人が教える説得する技術 ~なぜか主張が通る人の技術と習慣~


ディベートの大会5連覇の説得の達人である太田 龍樹さんが
どうやって人を説得するのかが知りたくて本書を読みました。

今日もクリック感謝です
人気ブログランキング



■目次


Prologue なぜ、言い負かすほどに支持されるのか?

1 人から支持される話し方はどこが違うのか?
2 「主張が通る人」はどこが違うのか?
3 確実にターゲットを落として勝利する方法
4 本番でスグに使えるワザを大公開!
5 話術を完成させる非言語テクニック
6 1人で鍛える話術実践トレーニング!

Epilogue 話術を最大に生かすために


ディベートってどうよ?

あまり良い印象を持たない人が多い気がします>ディベート


意見は、何でも賛成/反対の2つにはっきりと分けられる

ものじゃないとか言う人は多いです。

日本人は曖昧さを好みますから。

でも、大田さんは言い切ります。


 2つに分けるから本質が見えるんだ!



ということで(何が?)いつもの行きます。


■説得する人になる
 話し上手は人を疑う
 話す恥ずかしさ > 幻想だ!
 トレーニングせずにうまく話せるわけが無い
 自分に最適な話し方はきっと見つかる
 手本を見つける 好きキライで良い
 話し手のイメージ=見かけ×声×情熱


■実践ディベート
 情報収集
 仮説
  自分の意見、そもそも〜とは?
  多角的に
 検証
  反対の立場から
  ⇒ 反論への自信
    反論には必ず理由を付ける
    信用・説得力UP
 ターゲットを知る
  誰を説得するのか
  どういう人(人たち?)


■スグ使えるワザ!
 場の空気を仕切る
  仕切れない場合は日を改めるなどする
 引用、特に権威者 エビデンスになる
 テーマを絞る
 口ぐせ
  印象付け、武器になる
 サインホスト(全体像)、ラベリング、ナンバリング
 分割法、倍加法


■非言語テクニック!
 顔の筋肉を鍛えろ>好感度UP
 心の距離の逆を行く
 言葉と態度の一致
 呼吸でリズムを作り出す
 アイコンタクト、10秒見て3秒そらす
 「まばたき」で自分と相手の状態を知る
 声で自分を演出
  大きさ、質、アクセント、リズム、スピード
 足の動きは感情の動き
 オリジナリティ
  決めポーズ、決めセリフ



感想など

 色々なテクニックがあるものだと驚きました。

それと同時に非常にちゃんとした準備・練習が

あってこそのディベートなんだというのが初めて理解できました。

ディベートに対する見方がガラっと変わりましたよ。





先日紹介した

人は見た目が9割

にも共通した部分がかなりありますね。




宜しければ応援お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ





フォトリーディング@Luckyになる読書道

この記事へのコメント
LuckyUSさん、こんばんは。

自分はディベートはやったことないのですが、
ゼミの同期でディベートの達人(?)がいました。

>ターゲットを知る
>  誰を説得するのか
>  どういう人(人たち?)

なるほどー。
誰に対しても同じやり方じゃいけないわけですね。
勉強になりました。

あと、コメント頂いたiMindMapは日本語版が出てから
考えようかと思ってます。
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2007年03月23日 22:10
LuckyUSさん、こんばんは。

win-winが大切である点は万国共通であるなかで、ディベートのようにある種「言い負かす」のが有効なのは、言葉と人格は別物だという米国思考のおかげかもしれませんね。

私も経験あるのですが、日本人同士でやると、ついつい今後の他案件への影響を考え、互いに遠慮しちゃうという(汗)。

そういう意味でも、普段使わない脳パートを活性化してくれそうな一冊ですね!紹介ありがとうございます。
Posted by プチファイ!@今日僕が学んだこと。 at 2007年03月24日 02:02
smoothさん、こんにちは。

私も同じ点は勘違いしてましたよ。
Posted by LuckyUS at 2007年03月24日 06:10
プチファイさん、こんにちは。

そうですね、日本人は意見への反対が
その人の人格への反対と受け取る人が
多いですから。

そういう、違いにフォーカスしないで
同じ部分があることにフォーカスすれば
もっと自由に話が出来るのに、と思っています
Posted by LuckyUS at 2007年03月24日 06:14
LuckyUSさん、こんにちは!
> 2つに分けるから本質が見えるんだ!
これはそうかもしれません。
以前ディベートのセミナーを受けたときには参加者を適当に半分に分けて、「こっちは賛成、こっちは反対」として実際に話をした後、今後は逆というよう進行でした。
どちらに立っても相手を説得する技術ですよね。
Posted by 手文庫@ビジネス書で問題解決 at 2007年03月24日 14:14
手文庫さん、こんにちは。

両方の視点に立って、さらにその視点から
多角的に考えるから、本質まで見えるのかと
思います。
Posted by LuckyUS at 2007年03月25日 08:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック