2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!

フォトリーディング実践活用法@PC編

 未読本が尽きたので、またまたフォトリーディングネタでいきます。

フォトリーディング覚えるならこの本がいちおし。

図解! あなたもいままでの10倍速く本が読める



おそらく講座でしか言っていないフォトリーの活用法を公開します。

今日もクリック感謝です
人気ブログランキング


 フォトリーディングを本以外の場で活用する方法として

PC上のファイル等を見る方法を紹介します。


■Word/Excel/PDFなどの文書ファイル

 まずはノートPCを手にもちます。
 次に右90度に回転させて、
 PCを本のようにします。
 そこでソフトフォーカスを使って・・・

 いや、冗談です(笑)



 気を取り直して、マジメにいきます。


 PC上でディスプレイに表示させた状態で
 読む場合には、まず文書全体をみます。

 この時、マウスでスクロールさせるのが普通。
 ただ個人的には、PageUP/Downキーを使うか
 もしくは印刷プレビューにして1ページづつ
 読むのが良いと思います。

 この時はフォトリーステップ3の
 ダイレクトラーニングのみ実施します。

 ソフトフォーカスか、周辺視野を使います。


 この後で普通にファイルを読みます。





■メール

 メールを読み場合にもフォトリーが役に立ちます。

 方法は上と一緒なんです(汗)。

 メールの場合は引用などが多く本当に読まなければ
 ならない範囲が限られるため、さらに効果的です。

 またメール特有の方法として
 メールの先頭の1ページ目だけを
 連続してみていくという方法があります。
 (これは個人的に開発した手法)

 特に短いメールが多い時に有効です。
 メーラーの「次のメールへ」ボタンを
 クリックしていきながら、フォトリーします。

 最後は普通に読みますが、
 最初から普通に読むよりは早いです。


 メールの場合は短いということも多いですが、
 基本的にフォトリーで読んだ方が効率的です。

 まぁ2、3行のメールは普通に読んだほうが早いので
 そこまでフォトリーにこだわることはありません。

 うまく使い分けましょう。
 


 でもでも、

 一番良いのは印刷して紙の状態で読むことなんです(汗)




■本日の購入本

 前から欲しかったのがこの本。

 本調子−強運の持ち主になる読書道− / 清水克衛/本田健/七田眞 他
本調子 強運の持ち主になる読書道


 こっちは格差系の流れで購入。ここ何ヶ月かこの系統が多いです。

 上流な私?下流な私? / 三浦展
上流な私? 下流な私? いまどきの女性のココロと生活



買ったのは、今キャンペーン中のここ。




賞品は
 特賞:iPod Shffle(5名様)、
 eBOOKOFF賞:eBOOKOFFサイトで使える200円分のポイント(195名様)

対象期間 :  2007.3.1〜2007.5.31

新規会員登録または商品購入で自動エントリーです。
この機会に1回くらい使ってみては?


 
宜しければ応援お願いします。
にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログへ



フォトリーディング@Luckyになる読書道

この記事へのコメント
私もブログの記事を読む時は、結構本の速読と
同じような感覚で読んでいることがありますね。

なお、書評関係のブログやメルマガについてですが、
似たようなジャンルの本の記事だとサクサク読めるのに、
苦手な株やら経営やらの本の記事だと、トタンに
遅くなるという(汗)。
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2007年04月02日 10:52
smoothさん、こんにちは。

一気にコメントどうもです。

私も苦手な系統の本は遅くなりがちです。
頭には入ってるけど活用できないまま
放置されてるかもしれません。
Posted by LuckyUS at 2007年04月02日 12:31
LuckyUSさん、おはようございます。

土日お休みいただいていた分、昨日はアラシ並みに
投稿してしまいスイマセン(汗)。

ウチで昨日ご紹介した本は、なかなか面白かったですよ〜。
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2007年04月03日 07:07
smoothさん、こんにちは。

私も土日はあまり活動できないので
お気持ちはよくわかります(笑)
smoothさんとこで紹介する本は
興味をそそられるものが多くて
困りものです(笑)
Posted by LuckyUS at 2007年04月03日 10:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック