2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!

iPhone のビジネスモデルとは?

 岡嶋 裕史さんの「iPhone 衝撃のビジネスモデル」をフォトリーディング

4334034020iPhone 衝撃のビジネスモデル
岡嶋 裕史
光文社 2007-05-17

by G-Tools


 iPhoneといえばあのアップルが今年発表し、
電話を再発明する」と宣言した戦略製品。
社名も変更して意気込むこの製品にどんなビジネスモデルがあるのか?
読んでみたところ、少々以外な内容。
「Web2.0論」+「ネットで成功するビジネスモデル論」を主体としていた。
そして、iPhoneのビジネスモデルとは?

今日もクリック感謝です
人気ブログランキング

■目次

 第1章 iPhoneの衝撃
 第2章 Web2.0の幻
 第3章 ユビキタスの挫折
 第4章 クール!iPhoneのインターフェース
 第5章 iPhoneが拓く新しいビジネスモデル


■内容

  結論から言うと、iPhoneのビジネスモデルについては
 正確には定義されていません。
 それもそのはず、iPhoneは未だ発売されていないし、
 アップルが戦略製品のビジネスモデルを簡単に明かすハズも無い。
 しかし、本書の内容はiPhoneの可能性を見せてくれます。

  iPhoneが発表された時、私はアップルが何をしようとしているのか、
 さっぱりわかりませんでした。
 仕様的には大したことないし、
 「全面液晶のiPod+ケータイ」くらいに捉えていました。

 しかし、実はiPhoneのすごさはその「全面液晶」にある、と言ったらどう思います?

 この「全面液晶」の効果を示してくれるのが本書です。
 この効果を示すために、Web2.0の話や、ユビキタスの挫折などをわざわざ語っているのかのようです。
 それはそれ、Web2.0の話はiPhoneを抜きにしてもなかなか興味深いものがありました。


■超簡単まとめ
 本書の内容を簡単に纏めます。
 
 Web2.0の本質は技術には無い
 その本質は、「ユーザの気分」(利便性、連携性、娯楽性)
 成功するビジネスモデルはユーザに楽しい未来を示すもの
 (Web2.0もユビキタスもウェブサービスも技術的には大差ない)
 Web2.0では収益モデルが見えない
 成功のモデルは(先行者) or (スーパーニッチ)
 ★ユーザは面倒なことをしたくないだけ
  (無料で手に入るのに何故iPod+iTunesが使われるか)
 ユーザエクスペリエンスに尽きる(=総合芸術)
 全面液晶化で
 ・キャリアの制限を越える
 ・端末のハードに縛られない操作性の提供
 ・ソフトウェア次第で全てに繋がっていく
 
 iPhoneも完璧ではない
 ⇒ 永遠のベータ版を出し続ける
 
 グランドデザインを示すことが大切
 ⇒ 技術要素の組み合わせでユーザが楽しさを感じる未来を示す


 書きすぎました(汗)
 Web2.0論が読みたい方、iPhoneに興味がある方にオススメです。

 日本では発売はまだまだ先でしょうが、こういう本でも読んで気長に待ちましょう。

関連するニュース


■トラックバックさせていただいたブログ
 マインドマップ的読書感想文


 
宜しければ応援お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/42498245
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。