2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!

大きな違いを生む金曜日のすごし方●1週間は金曜日から始めなさい

 今日のフォトリーディングのターゲットは臼井 由紀さんの
「1週間は金曜日から始めなさい 」です。

1週間は金曜日から始めなさい 仕事と人生が楽しくなる時間活用術あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成


副題は「仕事と人生が楽しくなる時間活用術」。
今月2札目の時間術関連本です。
臼井さんはマネーの虎にも出演していたほどのお方。
実はただの主婦だったという臼井さん。
社長業をこなしながら次々と資格を取得しつつ、
業績を毎年伸ばし、さらに趣味も楽しんでいるそうです。
そして睡眠時間は削っていない・・・
その理由が本書で明かされます。


今日もクリック感謝です
人気ブログランキング

■目次

 1 タイムマネジメントの基本は時間密度
  ―できる人は、時間をケチるのではなく濃くする
 2 考えるのは15分でやめなさい
  ―仕事が速い人の考え方&発想法
 3 1週間は金曜日から始めなさい
  ―目標を達成し続ける人の予定&計画の立て方
 4 時間は支配した方のものになる
  ―人付き合い&コミュニケーション一つでこれだけ時間の差が出る
 5 頭がフル回転なら、時間効率はグンと良くなる!
  ―密度の高い時間を過ごすための自分プロデュース術
 6 時間を上手に使う人のちょっとした工夫
  ―仕事の速い人が実践する大きな時間を生む小さな習慣


■内容

 時間に対するマインドと実際の方法論の両面からの時間術の本です。


■時間に対するマインド

 時間は足し算で考えるというのが基本。
 足し算というのは、あれもやる、これもやる、ということありきで
 じゃあそれをやるにはどうするか?という発想のこと。
 目新しかったのは「忙しい」の意味。
 「忙しい」という漢字は「心」が「亡くなる」という意味。
 「忙しい」などと言い訳せずに、とにかくやりたいことを全部やる気持ちで
 いくことを説いています。
 一般人とは全く逆の発想なんですね。

 このあたりは次の一言に集約されていると思います。

 「時間を支配できると、やりたいことが全部できて
  心のゆとりも、お金のゆとりもついてくる



■方法論 
 
 実際の方法論も多数。でも見たような内容も結構ありました。
 特筆すべきはタイトルにもなっている「週を金曜日から始める」
 という方法です。

 
 月から水曜まではその時にこなさなければならない仕事をする。
 木曜日は検証を行う。
 金曜日には次の週のアポを取ったり、将来の構想を練ったりする。
 こうして、金曜日終了時点ですっきりと1週間の仕事を終わらる。

 PDCAサイクルを金曜日を起点として
 1週間で廻していく。

 P:金曜日→D:月、火、水曜日→CA:木曜日
 ↑−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−↓
 
 
 こんな感じでしょうか(ずれてるかも)。
 これが1週間は金曜日から始めなさい、の真実ですね。

 他には
  決断は15分以内
  時間効率はモノマネで上げる
  締め切りは自分で前倒し
  寝る前のながらシミュレーション(事前準備)
  相手がある場合、こちらから必ず時間指定
  直筆の手紙が時間リッチに繋がる
  頭だけでなく、身体も疲れさせる
  時間間隔を磨くためにアナログ腕時計をする
  スキマ時間リストの作成
 などの方法が挙げられています(他の本にあるようなのは割愛)


■こんな人にオススメ
 ・いつも「忙しい」を連発してる人
 ・時間を有効活用したい人(特に女性)

1週間は金曜日から始めなさい 仕事と人生が楽しくなる時間活用術あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成


■このブログで紹介した臼井由紀さんの本

▼できる社長は机が小さい
できる社長は机が小さい
臼井 由妃
4584121389


 エントリーはこちら
 ⇒ できる社長は机が小さい@臼井 由妃





宜しければ応援お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ

この記事へのコメント
LuckyUS@フォトリーダーさん、こんばんは!

臼井さんの本は、特に時間の使い方に
感銘を受けましたね。

できるところから取り入れたいですよね〜♪
Posted by エムストーン at 2007年06月07日 21:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

1週間は金曜日から始めなさい!?
Excerpt: 記事を読みに来てくださりありがとうございます! 訪問いただく方、応援クリックいただく方が とても増えてきています。 とってもうれしいです。 幸せに感じています。 ほんとにありがとうござ..
Weblog: 成功実現プログラム
Tracked: 2007-06-07 21:12