2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!

日本人への応援歌●とてつもない日本

 今日のフォトリーディングのターゲットは
麻生 太郎外務大臣の『とてつもない日本』です。

とてつもない日本

 現在の外務大臣という立場で本を出版して
良いんでしょうか?
秋葉のオタクへの認知度も昨年かなり向上したようですし、
やることが普通の政治家とは一味違うようです。
ちょうど夕べテレビで麻生さんの人となりなどを
紹介する場面を見たのもシンクロなんでしょう。
「あさ なまたろうでございます」の自己紹介も笑えました。

そもそも本書のタイトルは麻生さんの祖父である
故・吉田茂元首相が、麻生さんが幼い頃、よく語っていた言葉から
付けられているそうです。

「日本人のエネルギーはとてつもないものだ。
 日本はこれから必ずよくなる。
 日本はとてつもない国なのだ

今日もクリック感謝です
人気ブログランキング

 
■目次

 第一章 アジアの実践的先駆者
 第二章 日本の底力
 第三章 高齢化を讃える
 第四章 「格差感」に騙されてないか
 第五章 地方は生き返る
 第六章 外交の見取り図
 第七章 新たなアジア主義----麻生ドクトリン

 
■感想

 現役閣僚でよくこれだけのネタを出せるものだと
 感心してしまいました。

 とくに靖国問題まで書いているのは勇気あるなと。

 政治家が宗教法人に分祀せよ!ということ自体が
 政教分離上問題だと自分で言ってるのに(汗)


■感覚だけで落ち込んでいる日本人

 ▼格差と格差感

  そもそも人間は機会の平等はあっても能力は
  それぞれ不平等で当たり前。

  高度成長期は給料は上がった。
  それ以上に物価が上昇している時期もある。

  今はデフレで給料が上がっていない。
  ただ相対的には所得は増えていたりする。

  感覚だけの問題ではないか?

  (かなり極論とご自身も認めているようです)

  そういう不満があえて自分より下を作ろうとする
  「勝ち組・負け組み」「上流・下流」論に
  なっていないか警鐘を鳴らしています。


 ▼ソフトパワー

  日本には、自分たちが認識している以上のパワーがある。
  例えばJポップ/ジャパニメーション/Jファッション。
  通称3J(知りませんでした)
 
  ポケモンが世界を席巻しているのはわりと知られた話です。
  でも、次に挙げる事例は全く知りませんでした。

 ・中国の重慶のサッカー場で騒ぎが起きた時期とほぼ同じ時期に
  谷村新司は上海で10万人を集めて野外コンサートを開いている

 ・イラクでの自衛隊の給水車にはイラクと日本の国旗よりも大きく
 「キャプテン翼」のロゴマークが貼られていた。
  自衛官は外交官として充分な役割を担っている。
 参考
  ⇒ 「キャプテン翼」のロゴマーク

 ・あのジダンやトッティがサッカーを始めたきっかけは
  やはり「キャプテン翼」

 ・東南アジアでは日本のアニメが日本語のまま放送されている
  またファッション雑誌も日本のものが主流
 
 
 
■認めることで明るい未来を

 こういうことを言う政治家は珍しいです。

 ・ニートだって良いじゃないか
 ・高齢化社会は明るい未来
 ・中国の台頭を素直に喜ぶ

 今のマスコミの風潮は全てが悪い方向へ誘導するかの
 ような流れになっています。
 今日も悪いことが起きた、問題はこれで、解決しなければ
 日本は良くならない。

 本書はこれとは全く反対で、日本の良いところを
 素直に認めて、自分たちをもっと信じていこう!
 という応援歌なのだと思います。

 

■こんな人にオススメ

 ・麻生さんの考えている日本の将来像を知りたい方
 ・秋葉な方々
 ・高齢化社会がなんとなく不安な方

とてつもない日本
麻生 太郎

410610217X

関連商品
自由と繁栄の弧
麻生太郎の原点祖父・吉田茂の流儀
ダカーポ 2007年 6/20号 [雑誌]
生物と無生物のあいだ
本当はヤバイ!韓国経済―迫り来る通貨危機再来の恐怖
by G-Tools

■トラックバックさせていただいたブログ
 ⇒ 404 Blog Not Found とてつもない日本



宜しければ応援お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ

この記事へのコメント
LuckyUSさん、こんばんは。

麻生さんは結構好きな政治家のひとりですが、本書のような話をもっと取り上げて欲しいです。

「アキバ」のような部分だけマスコミは切り取りますが、日本人に胸を張っていこうよというメッセージを発信できる人は、永田町に今あまりいませんからね。
Posted by プチファイ!@今日僕が学んだこと。 at 2007年07月03日 21:16
LuckyUS@フォトリーダーさん、こんばんは!

麻生太郎さんは漫画好きをテレビでも公言されていて
庶民が身近に感じる数少ない政治家だと思います。

ジダンやトッティの話は驚きでした。
この本を読むと日本のすばらしさを再認識できそうですね♪
Posted by エムストーン at 2007年07月03日 22:15
LuckyUSさん、こんばんは!
私は読まないジャンルです・・・。LuckyUSさんの幅広さがうかがえます。
Posted by 手文庫@ビジネス書で問題解決 at 2007年07月04日 01:44
>プチファイさん

麻生さん、人気ありますね。
特に2006年の自民党総裁選で存在感が出た感じ。
日本の良いところを世界に伝えようという
政治家は少ないですから、貴重な存在ですね。


>エムストーンさん

マンガ好きだから海外での日本のマンガ、アニメの
話題に敏感なのかもしれませんね>麻生さん



>手文庫さん

僕もこの手のジャンルはあまり読まないのですよ。
今回はタイトル買いです。
さすがに大物は言うことが違いますね。
Posted by LuckyUS at 2007年07月04日 05:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/46515880
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。