2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!

女性起業家のバイブル●自分の会社をつくるということ

 今回のフォトリーディングのターゲットは経沢 香保子さんの『自分の会社をつくるということ』です。

自分の会社をつくるということ
自分の会社をつくるということ


 副題は、「人生を自分で創り出していく生き方 」。

 本書は(株)トレンダーズの代表である経沢さんが自分の起業の経験をもとにかかれた本。
2005年に世に出ているものの、今でも古さを全く感じません。

 経沢さんはご自分が女性であるという視点から本書を書いています。
そしてメインとなるターゲットも女性なのは間違いないところ。

ただ、読んだ感じでは、とくに女性だからというような内容は少なく、
起業したいという人全般に参考になる情報が多かったですね。

では気になる内容へといきましょう!

今日もクリック感謝です
人気ブログランキング

 
■目次
 第1章 自分の会社を持ちましょう!
 第2章 立ち上げの前にやるべきこと
 第3章 会社を成功させるキーワード
 第4章 あなたのブランドで、オンリーワンになりましょう
 第5章 社長の仕事って何でしょう?
 第6章 売る人はあなたです
 第7章 経営のマインドが重要です
 第8章 あなたの会社を知ってもらいましょう
 第9章 お金をかけずに営業しましょう
 第10章 人事のエキスパートになりましょう
 第11章 起業から最低3年はがんばりましょう
 第12章 事業は生き物
 第13章 女性起業塾について
 第14章 人生と仕事。両方を充実させましょう


■目的と目標



 ・起業は「自分の人生を自分で創る」ため

 ・目標は自分サイズの会社
   年商1億 社長年収3000万円!社員は3、4名
   逆算すると
    月に売上800万円
    稼動日を20日として1日に売上40万円
    一人で1日に10-15万円程度の売上
    ⇒できそう!
   なぜ年収3000万円か?
    ⇒女性社長で、子供がいるとして
     シッターさんや家政婦さんを雇って
     仕事と家庭を両立させらせるため


■起業前にすること



 ・今の仕事で一番をとる

 ・今の仕事の延長でないことがやりたいなら
  やりたい業界へ転職する
  
 ・事業計画書を書く
   なにを、だれに、どうやって提供?
   どこで利益を出すか?競合は?
   どこで差別化するか?
   時代にあっているか?
  などなどをしっくりくるまで書き出してみる
  さらに信頼できる人にチェックしてもらう

 ・撤退ラインも決めておく


■経営安定のキーワード



 ・事業ドメインを明確に
   小さな市場で一番に、オンリーワン
   オリジナリティーとクオリティー
   ⇒ブランド化に繋がる
 ・事業として確立する
   クオリティーを保ち、高める
   顧客の創造とリピートの両面
 ・リスク分散
   収入の柱+先行投資で柱を増やす
 ・組織を構築
   人材育成、自分の分身を育てる
 ・社会に必要な存在へ
   XXならここ!の存在へ
   時代を読み、こういう時代になるから
   こういうサービスが必要、と先手を打っていく


■感想など

 かなり大胆にカットしました。
 5章以降の話はまったく触れてません。
 ここまでの内容だけでもかなり役に立つネタが多いですね。

 起業を考えた場合に、事前にやっておくことや
 考え方などは「伝説の社員になれ!」とも通じるところが多いと感じました。

 それだけ「ホンモノ」であるともいえます。

 ただこの本の表紙を見てもわかるとおり、あくまでブランディングの一環、および営業ツールとしての本であるという側面が色濃く出ているのを感じます。
 またちょっと気になるのは社員との向き合い方に関するメンタルな部分。
 本当にこれでいいのかは正直頷けない部分もありました。
 
 起業という点に関しては文句のないところ。
 起業を目指す女性は必読の書ですね!


自分の会社をつくるということ
経沢 香保子

4478733015

関連商品
ミリオネーゼの起業入門―8ケタ稼ぐ女性に学ぶ起業前にするべきこと
夢を実現した わたしの仕事 わたしの方法
「自分の会社」をつくってこんなに楽しく成功する方法―女性起業家100人が伝授! (Asahi original)
偏愛マップ―キラいな人がいなくなる コミュニケーション・メソッド
1R(ワンルーム)男~28歳の社長、上場物語
by G-Tools


■リンク
トレンダーズホームページ
http://www.trenders.co.jp/

女性起業塾ホームページ
http://www.w-e.jp/index.html



宜しければ応援お願いします。
にほんブログ村 本ブログへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/49936971
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。