2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!

真理って何?●99・9%は仮説@竹内 薫

 今回のフォトリーディングのターゲットは
竹内 薫さんの『99・9%は仮説 』です。

99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方

副題は『思いこみで判断しないための考え方』です。

 本書の冒頭で見せられる世界地図。
南北が逆転しており、一瞬「何だこれ?」と思わせる。
実はオーストラリアでは普通に売っている世界地図なのだそう。
地図は北が上、という思い込みということを思い知らされる。
これだけでも「掴みはOK」。

さらに追い討ちをかけるように、
「飛行機が飛ぶ理由は実はよくわかっていない」とくる。
こう作れば飛ぶ、ということはわかっていても、
その原理そのものには解明されていない部分があるそうだ。

本書は、科学って完璧な世界という常識を心地よく破ってくれる。
科学って実は意外にグレーで頼りない、
ただの「仮説」にすぎない、ということを教えてくれる。

そんなのあたりまえ、という方は読む必要は無いかも。

今日もクリック感謝です
人気ブログランキング

 

■目次



 プロローグ 飛行機はなぜ飛ぶのか?実はよくわかっていない
 第1章 世界は仮説でできている
 第2章 自分の頭のなかの仮説に気づく
 第3章 仮説は一八〇度くつがえる
 第4章 仮説と真理は切ない関係
 第5章 「大仮説」はありえる世界
 第6章 仮説をはずして考える
 第7章 相対的にものごとをみる
 エピローグ すべては仮説にはじまり、仮説におわる


■内容紹介



仮説の大逆転の例


 天動説⇒地動説
 プレート理論(数十年前まではバカにされていた)
 ニュートン力学⇒相対性理論


仮説の思い込みの強力さ


・ガリレオが天体望遠鏡を作って、月面を実際に見せた。
 しかし天界=宇宙は完璧な世界であると信じて疑わない人々は、
 望遠鏡は地上では有効でも宇宙に対しては無効と言いはった。

・「コペルニクス的転回」として超有名な地動説。
 実はある仮説からは抜け出ることができなかった。
 それは「惑星の軌道は真円である」という仮説。
 コペルニクスでさえその仮説を信じこんでいた。


日常生活に「仮説」思考を活かす


 自分の考えを絶対のものと考えないこと。
 教えられたことについて鵜呑みにせず、本当だろうか?
 という視点も持つこと。
 誰かに話が通じないのは、
 お互いの仮説が違うからかもしれない。
 相手の立場に立つ=相手がどういう仮説を
 前提にしているのかを知ること。
 そして、100%の客観というものも存在しない、
 ということを知ること。

 実生活で一番身近な例として、
 「逮捕者に関する報道」が挙げられています。
 つかまった人を知っている人のコメントとして、
 「良い人だった」「そんなことをする人には見えない」
 というのは良く見かけます。
 これは「人の人格は1面的なもの」という仮説で
 人を見ているということ。
 実際には、人は様々な場面でその場に適した人格を使っており、
 決して一面的な性格なのではない。
 自分自身を省みて、思い当たるフシはないですか?


そして相対性理論へ


 これまでの話は、相対性理論へと収斂していく。
 つまりは、複数の仮説が同時に正しいということがあり得る、
 ということ。 それは視点や尺度が異なるから。

 ある現象が、複数の人で全く受け取り方が違ったり、
 受ける影響が違うということとはご存知のとおり。

 また尺度の例としては、日本の海岸線の長さの話が。
 モノサシが最低1mであれば、
 それ以下の曲線部分は無視される。
 そのため、最低単位が10cmで図るのと、
 1mで図るのでは海岸線の長さは全く違う値になる。
 また、これは本書には書いていないのが、
 測定する時間によっても潮の満ち引きがあり、
 当然ながら海岸線自体が異なることになる。

 教科書にある、「日本の海岸線の総延長は何キロ」の
 なんと曖昧なことか!
 
 ここまで来ると、「われ思う、故にわれあり」に近い。
 科学と哲学は意外に近いのかも、と思ってしまった。

 ここまでの話に興味がわく方であれば、
 あとは実際に手にとって確かめていだたくのが良いでしょう。
 (というのも、僕の仮説にすぎない)

99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方
竹内 薫

99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方
ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書) 「あたりまえ」を疑う社会学   質的調査のセン (光文社新書) わかったつもり 読解力がつかない本当の原因 (光文社新書) 人は見た目が9割 (新潮新書) 国家の品格 (新潮新書)
by G-Tools


■関連書&記事



 本書でもマトリックスの例が出てきました。
 誰も反証できていないから、この世はバーチャルって仮説も否定はできませんね。
 このあたりは、ドクタートマベチの得意分野かと。

脳と心の洗い方 「なりたい自分」になれるプライミングの技術~
苫米地 英人
4894512327


 関連記事:誰もがマトリックスの世界にいる


P.S 本書でいう「仮説」はアバターでいう「信念」ですね。

ここまで読んでくれて、ありがとうございました。
にほんブログ村 本ブログへ

この記事へのコメント
LuckyUSさん、こんばんは!

この本読むと、色々と物の見方も変わってきますよね〜。科学に限らず、日常の色んな所で違った見方をするようになりました。
Posted by 淺田義和@創造マラソン at 2007年09月04日 22:57
淺田さん、こんばんは。

確かにこの本を読むといろいろな視点から
物事を見たりするようになりますね。
自分がいかに思い込みの世界で生きてるかも
よくわかりました。
Posted by LuckyUS at 2007年09月05日 01:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

竹内薫
Excerpt: 竹内薫竹内 薫(たけうち かおる、1960年 - )は、サイエンスライター(自称:科学ジャーナリスト)。東京都出身。横浜市在住。湯川薫名義で小説も書く。愛猫家として..
Weblog: ちはるの部屋
Tracked: 2007-10-16 13:02