2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!

【人生観】スーパー平社員僕の充実仕事術

 今回のフォトリーディングのターゲットは冨田 幹太さんの『スーパー平社員 僕の充実仕事術』です。

スーパー平社員僕の充実仕事術―管理職になりたくない (ロング新書)

副題は、『管理職になりたくない』です。

あまりにストレートなタイトルに、
目次も見ないで買ってしまった1冊です(汗)
現代のサラリーマンの生き方のひとつの方向性として、
なかなか興味深いのではないでしょうか>スーパー平社員。
ただ、従来の価値観を持っている方からすると、
なんじゃコイツは?となるかと思います。
そういう人にもこの本の説く内容を
知ってもらいたいものです。

管理職にならずスーパー平社員で居続けるコツと人生観とは?

今日もクリック感謝です
人気ブログランキング

 

■目次


 第1章 昇進や昇給に目もくれないスーパー平社員
 第2章 仕事はライスワーク、人生はライフワーク
 第3章 死んだフリをするのは楽でいいものだ
 第4章 仕事はレギュラーで自分が中心にならなければ意味がない
 第5章 効率的な手抜きは決して悪いことではない
 第6章 時には仕事として充分すぎる実績をあげてやろう
 第7章 会社をマイ・オフィスに
 第8章 会社での危険回避法
 第9章 副業ではなく複業を楽しむ
 第10章 未来と自分だけが変えられる


スーパー平社員とは?


 敢えて管理職にならない生き方を選択している人。
 単純にダメ社員で良いというのとは違う。
 見かけはダメ社員、中身は「できる社員」⇒「スーパー平社員」
 サラリーマンの全てが管理職になるのは、そもそも厳しい時代。
 出世するよりも、生活の安定と精神的なストレスを少なく、
 そして自分の生き方を貫いていきたい、そんな思いを感じます。
 みんなと同じであることよりも、自分自身で納得のいくことを
 するほうが大事、ということですね。

できない社員に見せかけろ!


 仕事はスピード感重視で終わらせること。
 ただし、提出は期限ギリギリで(仕事を頼まれにくくするため)
 イヤな上司にこそ「なつく」
 これは自分は「頑張っているけど、なかなかうまくいかない」状態を
 訴えるという作戦。そして病弱っぽく見せて、
 「あいつに無理させちゃダメ」と思わせる。

気に入った言葉


  • 仕事はライスワーク、人生はライフワーク

  •  ちなみに割合は8:2
  • 副業より複業

  •  実は勤務中もやってるなどと書いています
  • 生きているだけもうけもの

  •  ほんと、そうですよね。感謝感謝。



     サラリーマンとしての自分の生き方を見直してみたい、
    そう思ったことのある人にオススメの1冊です。

    スーパー平社員僕の充実仕事術―管理職になりたくない (ロング新書)

    それにしても、こんなに書いちゃっていいでしょうか>冨田さん

    ここまで読んでくれて、ありがとうございました。
    にほんブログ村 本ブログへ

    この記事へのコメント
    LuckyUSさん、こんばんは。

    タイトルで惹かれそうです…が、そもそも自分の場合「社員」と呼べる立場のある職に就くかどうかが不明、という^^;
    Posted by 淺田義和@創造マラソン at 2007年09月12日 22:50
    スーパー平社員って響きがかっこいいです(笑
    昔は管理職になる事が目標のような働き方が主でしたけど、
    複業が当たり前にすらなってきた今の時代には、こういう考え方の方が良さそうですよね。
    Posted by さをん at 2007年09月13日 06:58
    >淺田さん

     いやいや、それはそれで良いじゃないですか。
    それでも組織に属することはあるでしょうから、
    何か役に立つことはあるかと。

    >さをんさん

     確かに良い響きです>スーパー平社員
    こういう生き方も「あり」ですね。
    Posted by LuckyUS at 2007年09月14日 06:07
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    この記事へのTrackBack URL
    http://blog.seesaa.jp/tb/54977144
    ※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。