2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!

たった2分で人の心をつかむ話し方

 今回のフォトリーディングのターゲットは
木下通之さんの『たった2分で人の心をつかむ話し方』です。

たった2分で人の心をつかむ話し方(CD付)


NHK放送文化研究所の「今一番望むものは?」というアンケートで、
第一位は「健康」、そして第二位が「言葉使いが上手になりたい」
だったそうです。要は話し方が上手くなりたいということですね。

著者の木下さんは、デール・カーネギーの話し方コースの
インストラクターを経て、口コミだけで10年以上続く
「話し方セミナー」を開催してきた方。
まさに話し方指導のプロ中のプロです。

そんな木下さんが教える、話す恐怖やあがりを克服し、
人前で自信を持って話せる「実践的話し方」とは?

今日もクリック感謝です
人気ブログランキング
 

■目次


 第1章 なぜ、人はあなたの話を聞いてくれないのか?
 第2章 人の心をつかむ話し方の基本
 第3章 あなたを聞き手に印象づける話し方
 第4章 話は「2分」でまとめられる!
 第5章 「2分」で人にわかりやすく伝える話し方
 第6章 「2分」で人を説得する話し方
 第7章 話し方を学べば、人生そのものも変わる


話し方の基本


▼基本の話法「あいうえお」:態度、表情、声

あ:アイコンタクト
 聴衆全体を8の字を描くように見る
い:衣服など身だしなみ
 だらしなく見えないようにする
う:動きをハツラツと 
 大げさすぎず、自然な動きを取り入れる
え:笑顔で明るく
 笑顔なら声も明るくなる
お:大きな声でハキハキと
 特に第一声を大切に


▼印象付ける内容「かきくけこ」

か:簡単、明確に
き:起承転結を入れる
く:具体的に話す(体験・実例)
け:結論をはっきりと
こ:言葉に気配りを(専門用語に注意)



▼話す時の最初の話題「自己紹介」
 ポイントは名前を覚えてもらうこと
 覚えてもらう工夫
  名前は最初と最後の2回言う
  名前の由来を話す
  名前の漢字を説明する
  名前を何かと結びつける

 例1:仕事と結びつける
  病院勤務の飯尾(いいお)さん
  「飯尾はローマ字にするとIIOとなります。
   数字にすると110番になりますね。
   よく110番の救急車で私の勤務する病院に〜」

 例2:講演会のテーマと結びつける
  山田保美さんが自然の保全に関する講演会で
  「山や田んぼを美しく保つ、山田保美です」

▼話は2分で纏める
 人が集中して話を聴けるのは3分が限度
 1テーマを話すのには2分で充分
 3分以上だとポイントが絞りきれていない証拠

▼「あがり症」対策
 ・自分に暗示をかける
 ・深呼吸をする
 ・声を出しておく(人と話す)



感想など


 あまりにも内容が多すぎて全然紹介しきれません。
 上で挙げた以外にも、自己紹介のポイントも沢山あるし、
 話の準備の仕方、小道具の使ってわかりやすく話す方法とか
 説得するための話しの内容の構成など盛りだくさんです。
 また、それぞれに例文が最低2つあるので
 非常にわかりやすいのが特徴です。

 さらに2分で話せる14の「話し方サンプル」の入ったCDまで
 ついてきます。この「話し方サンプル」は本書内の例文。
 それを木下さんのセミナー修了者が話してくれます。
 みなさん、プロか?と思うほどの話し方をされるので、
 こちらも必聴!

 自分の成長は、自分の中にある「未見の我」を見つけること、
 という言葉が印象的でした。

 人前でプレゼンしたり、何かを話すことが多い方には
 自信をもってオススメできる1冊です。

たった2分で人の心をつかむ話し方(CD付)
木下通之
フォレスト出版
2007-09-07
定価 ¥ 1,470
おすすめ平均:

powerd by Amazon360




■関連本&記事



 ▼声の出し方ならこちら『言葉と声の磨き方』
言葉と声の磨き方

 関連記事:言葉と声の磨き方@白石謙二


ここまで読んでくれて、ありがとうございました。
にほんブログ村 本ブログへ

この記事へのコメント
LuckyUS@フォトリーダーさん、おはようございます!

この本はタイトルが惹きつけますよね〜。

盛りだくさんの内容を身につけたら
すばらしい話し手になりそうですね!

Posted by エムストーン at 2007年09月27日 08:44
LuckyUSさん、こんばんは!
小学生のとき、自分の名前の由来を親に聞いてみようということがありました。そういうのも自己紹介のタネなんですね。
Posted by 手文庫@ビジネス書で問題解決 at 2007年09月28日 00:46
>エムストーンさん
 そうですね。本書は考え方+実例があるので
とても参考になりますし、実際どういう感じで
話しているのかもCDで聞けるのでとても良いです。

>手文庫さん
 そうそう、名前の由来はかなり良い自己紹介ネタなんですよ。由来+それに合致するようなエピソードを添えればさらに効果的かと。
Posted by LuckyUS at 2007年09月28日 01:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/57464618
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。