2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!

技術本●すごい!ホメ方

 今回のフォトリーディングのターゲットは
内藤 誼人さんの『すごい!ホメ方』です。

すごい!ホメ方―職場で、家庭で、恋愛で…相手を思うままに操る悪魔の心理術 (廣済堂文庫 ナ 11-3)

昨日に引き続き、心理コンサルタントの内藤さんの著書。
内藤さんが興味があるのは、理論より「技術」とのこと。
だから本書のこだわりもやっぱり「技術」。
人を褒めるのが大切だというのは分かった。
じゃあ具体的にどうすれば良いのか?
というのを解決してくれるのが本書。
純粋に「技術」としてホメ方の本って他にはないですよね。

今日もクリック感謝です
人気ブログランキング

 

■目次


プロローグ あなたの「ホメる技術」はどれくらい?
  心理テストでホメ上手かどうかをチェックしよう!
第1章 人をホメる前に、これだけは知っておきたい基礎知識
第2章 相手のタイプ別・ホメ方テクニック!
第3章 ホメ上手な人になる心理戦術
第4章 とりあえずその場を乗り切るホメ方、叱り方
第5章 こんな場面ではどうホメればいいか
巻末付録 ホメられ上手になるための心理テクニック


これだけは知っておきたい基礎知識


  • 一度ほめた人のことを絶対に陰口するな

  •  一回の陰口で全てが台無しになる
  • 相手の機嫌がいいときを狙え

  • ほめ言葉を否定されたら、さらに再否定

  •  最初のほめ言葉が生きる
     真実であるかのように錯覚させることが出来る


    タイプ別ホメ方テクニック


  • 疑り深いタイプ

  •  最低二回は褒めろ!必要なら何度でも。
  • 男女別

  •  男こそ褒められたがっている
     美人の女性はホメないほうが良い
     ⇒外見でいつもホメられている。逆を行ったほうが好感度UP
  • 頭の良いタイプ

  •  わざと理解しにくくする
     「●●さんって、第7世代コンピュータみたいですよね」


    相手に好かれる5つの聞き方


    1. 常に尊敬をアピール

    2. 「その視点は僕には欠けていたなぁ」
    3. 上手に質問をしていく

    4. 「面白いなぁ、その先を教えてよ」
    5. 相手の感情語に反応してあげる

    6. 「そりゃ悔しいなぁ」
    7. 批判せず、最後まで聞く

    8. 「もう分かった」は「分かりたく無い」の意思表示
    9. 共感性を示す

    10. 「よくわかるよ」
      「そりゃもっともだ」


  • 話しを聞くときは目を大きく開ける

  • 「目を大きく開ける」=「興味があるサイン」
    特に午前中が有効
    (生理的に目が開きやすく、相手に伝わりやすい)


    こんなほめ方もある


  • 今現在褒めるところが無い

  • 将来のことを褒める。 嘘でもいい!
    例:勉強しない子供に
    「お前は好奇心が強いから、勉強が面白くてどうしようもなくなるよ」

  • 相手の所属を褒める

  •  サークルや故郷を褒める
     褒めやすい上に、悪く思う人はいない

  • 仮定で褒める

  • 「もし●●さんが本気になったら、販売成績もすぐ1位でしょうね」


    ■感想など


     プロローグにある心理テストで下位ランクになっちまいました(汗)
    ということで自分にまさに必要な本だったかと。

    誰でも最初は「ホメる」ことに抵抗がある。内藤さんも同じだったそう。
    でも実際にホメてみたら人からどんどん好かれるようになったとのこと。
    「技術」だけに、練習すれば必ず上達しますよ!
    という内藤さんのメッセージには励まされます。

    「ホメ方がわからない」とお悩みのあなたには超オススメです!

    すごい!ホメ方―職場で、家庭で、恋愛で…相手を思うままに操る悪魔の心理術 (廣済堂文庫 ナ 11-3)
    内藤 誼人

    すごい!ホメ方―職場で、家庭で、恋愛で…相手を思うままに操る悪魔の心理術 (廣済堂文庫 ナ 11-3)
    すごい「実行力」 「心のブレーキ」の外し方〜仕事とプライベートに効く7つの心理セラピー〜
    by G-Tools


    ちなみに、本書は文庫版。元の本はこちら。
    すごい!ホメ方
    すごい!ホメ方


    内藤さん曰く、「文庫化にあたり内容を見直したが、一切手を加える必要が無かった
    という自信作なんですよ。


    ■関連本&記事


    ▼このブログで紹介した内藤さんの本
     成功者の習慣が身につく「超」心理術

     記事:心理術●成功者の習慣が身につく「超」心理術

     「人たらし」のブラック謝罪術―下手に出ながら相手の心をつかむ方法

     記事:お詫びは技術!●「人たらし」のブラック謝罪術

     人は「暗示」で9割動く!―人間関係がラクになるコミュニケーション心理術

     記事:【心理テク】人は「暗示」で9割動く!





    ここまで読んでくれて、ありがとうございました。
    にほんブログ村 本ブログへ

    この記事へのコメント
    LuckyUS@フォトリーダーさん、おはようございます!

    ほめ方の技術に関して書かれた1冊なのですね。
    ほめるのに躊躇することもありますので、
    役立ちそうな本ですね♪
    Posted by エムストーン at 2007年10月18日 08:17
    エムストーンさん、こんにちは。

    褒めることになれてない人は躊躇しますからね。
    自然にほめることができるようになるまで
    お世話になる本です。
    Posted by LukcyUS at 2007年10月19日 06:34
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    この記事へのTrackBack URL
    http://blog.seesaa.jp/tb/61204059
    ※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。