2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!

影響力●神様に選ばれるただひとつの法則

 今回のフォトリーディングのターゲットは
三浦 博史さんの『神様に選ばれるただひとつの法則』です。

神様に選ばれるただひとつの法則~人生を勝利に導くコミュニケーション術「プロパガンダ」~

副題は『人生を勝利に導くコミュニケーション術「プロパガンダ」』です。

著者の三浦さんは「選挙プランナー」という職業。
PRの中でも最も難しいとされる選挙PRのプロ。
最近では2007年の東京都知事選で石原陣営の選挙参謀を
勤められたそうです。

そんな三浦さんが語る、最強の自己PR術が「プロパガンダ」。
正直あまり良い印象ではない言葉。
でもその効能は
「相手の心を思い通りにする」
「あなたの実力・魅力が伝わる」
ということで、目を引くタイトルであったことと合わせて
読んでみたくなりました。

今日もクリック感謝です
人気ブログランキング

 

■目次


まえがき 神様に選ばれる法則とは?
 ―人類史上最強の「自己PR術」&「コミュニケーション術」が上陸
Prologue 人の心を揺さぶる技術とは?
 ―「現代のプロパガンダ」と「過去のプロパガンダ」の違い
1 誰も教えてくれなかった!「プロパガンダ」のテクニック
 ―プロパガンダ最先進国アメリカの事情
2 あなたが入手した情報は操作されている!
 ―人はどういうメッセージを信じてしまうのか?
3 プロはどうやってプロパガンダを成功させるのか?
 ―勝つためのプロパガンダ
4 熱伝導が周りの人を変えていく!人生を変えていく!
 ―熱伝導を起こす「インスパイア」とは
5 神様に選ばれる法則
 ―今すぐ使える!最強のコミュニケーション術「プロパガンダ」の活用法



概要紹介


▼「プロパガンダ」とは?
元々はキリスト教の伝導時に使われた言葉。布教の意味合い。
17世紀から相手の自発性を換気する、という意味合いも
加えられて使用されるようになった。

「プロパガンダ」=「上手な誘導」=「宣伝力」

もう少し詳しく言うと
「自分の意図を個人や集団が自発的に
 受け入れられるように仕向けること」

現在の「プロパガンダ」は以下の3種類
  • 宗教PR

  • 商業PR

  • 選挙PR


  • 商業PRは大衆に迎合する割合が高い(特に日本では)
    選挙PRは候補者の魅力を伝えることに主眼=啓蒙活動


    ▼「プロパガンダ」テクニックの例
    二極対立で善玉悪玉を作り出す
     「アメリカ」vs「サダム・フセイン」

    ・ザ・クイズ(比較させて、さぁどっち?とする手法)
     東京都知事選での「ミスター再起動」vs「ミスターフリーズ」
     福祉、東京オリンピック、財政、犯罪検挙率、首都移転の5項目に
     ついて、石原知事と浅野氏の政策、実績を具体的に比較し
     「さぁどっちを選びますか?」という作戦を展開


    ▼ネガティブキャンペーンに対する誤解
     日本では「ネガティブキャンペーン」自体に
    「人を貶めて自分を有利にする」というネガティブな見方が多い。
    これは「ネガティブキャンペーン」を正しく認識していないから。

    アメリカの「ネガティブキャンペーン」は
    事実に基づいて相手を責めていく手法。反論もOK。
    相手側も事実に基づいて責めてくるから非常にフェアな戦い。

    アメリカ人に言わせると、日本の出所のわからない「怪文書」
    の方がよほどアンフェアなのだとか。



    ▼今日から使える「プロパガンダ」テク
  • 演じきること

  •  性格を変えるのではなく、演じること
  • 心にも化粧を!

  •  女性が化粧をして外出するように、
     性格にも化粧をする
  • 外見力トレーニング

  •  友人にバストアップの写真を50枚以上撮ってもらう。
     そこから、親しい人に最高の表情の1枚を選んでもらう。
     その最高の1枚をA4にコピーして自宅に貼りまくる。
     家で何かにつけて、その表情になる練習を!
  • 自分の色を決める

  •  欧米で重視されるカラーリング。
     専門の診断まであるそうだが、日本では知られていない
     まずは、自分の好きな色を「自分の色」として決めよう
     服装をその色を基調としたもので統一する
  • 第一印象を重視する

  •  人と会う目的を明確にする どういう人として相手に会うのかを考えて臨むこと
  • 声は重要

  •  声も外見の重要な要素。
     「もの静かに、ゆっくり話す」 ⇒聞いている相手に安心感を与える
     練習は必要(カラオケボックスで練習するのがオススメ)



    感想など


     「神様に選ばれた人」という少々大げさなタイトルの本書。
    結論から言うと面白かったです!
    そもそも「プロパガンダ」という言葉自体もあまり正確に
    わかっていなかったし、ネガティブキャンペーンも
    完全に誤解してました。
    三浦さんの職業柄、選挙の例が多かったのも実は新鮮に
    感じた部分。何しろ選挙の舞台裏を知ることは
    まずありませんから。
    この選挙の舞台裏を知るためだけに読んでも面白いでしょう。
    外見力トレーニングも実践的で面白そうです。

    amazonのレビューでは意見が分かれていますが、
    自分に役立つところがあればどんな本でも無駄には
    ならないと思っています。
    そういう意味で、「人間関係を良くしたい」と思っている人、
    それに「選挙の裏側」に興味がある人なら買って損はしないはず!

    神様に選ばれるただひとつの法則~人生を勝利に導くコミュニケーション術「プロパガンダ」~
    三浦博史

    神様に選ばれるただひとつの法則~人生を勝利に導くコミュニケーション術「プロパガンダ」~
    世界一簡単に自分を変える方法(CD付) ~言葉と声を磨く7つの習慣~ たった2分で人の心をつかむ話し方(CD付) 「心のDNA」の育て方~夢と目標を実現する7つの心理セラピー~(CD付) 頭の回転が50倍速くなる脳の作り方~「クリティカルエイジ」を克服する加速勉強法~ 脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)
    by G-Tools




    ■関連本&記事


    ▼「人を動かす」関連本

     【第一回】ハーバードでは教えない実践経営学
     ハーバードでは教えない実践経営学 (BEST OF BUSINESS)
     記事:心理戦を勝ち抜く●ハーバードでは教えない実践経営学

     【第二回】求心力 人を動かす10の鉄則
     求心力―人を動かす10の鉄則
     記事:人を動かす その2●求心力 人を動かす10の鉄則

     【第三回】人を動かす 新装版
     人を動かす 新装版
     記事:人を動かす その3●人を動かす 新装版

     【第四回】上司のすごいしかけ
     上司の すごいしかけ
     記事:人を動かす その4●上司のすごいしかけ

     【第五回】人を動かすリーダーの言葉
     人を動かすリーダーの言葉  113人の経営者はこう考えた (PHP新書)
     記事:人を動かす その5●人を動かすリーダーの言葉


    ▼外見力の一翼を担う「声」の本
     世界一簡単に自分を変える方法
     記事:世界一簡単に自分を変える方法@白石謙二




    ここまで読んでくれて、ありがとうございました。
    にほんブログ村 本ブログへ

    この記事へのコメント
    1日たった10分、自分一人で対人恐怖症を克服する。
    Posted by 対人恐怖症を克服する at 2007年10月29日 07:47
    LuckyUSさん、こんにちは!

    > 「プロパガンダ」=「上手な誘導」=「宣伝力」

    なるほど〜…本来はそう言う意味だったんですね。マイナスイメージの言葉だとばかり思ってました(汗)。

    色々と誤解してる言葉って多いですよね〜…^^;
    Posted by 淺田義和@創造マラソン at 2007年10月29日 23:30
    淺田さん、こんにちは。

    「プロパガンダ」「ネガテイィブキャンペーン」など日本での意味が本来の意味合いとかなり異なる言葉があるみたいです。
    日本の常識は世界の非常識なんてことも
    よく耳にしますし、気をつけたいですね。
    Posted by LuckyUS at 2007年10月30日 16:48
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    この記事へのトラックバック