2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!

直感力●ファミレスのメニューは3秒で決めろ!

 今回のフォトリーディングのターゲットは、端河 光二さんの『ファミレスのメニューは3秒で決めろ!』です。

ファミレスのメニューは3秒で決めろ!

副題は「最適なものを瞬時に掴み・発見し・選択する思考回路の磨き方」です。

著者の端河さんは、人材育成コンサルタント。
脳と心、潜在意識のメカニズムをマネジメントや人材育成に生かす方法を探求。IT企業(現マザーズ公開企業)の設立に参画し、大脳生理学やコミュニケーション心理学、セラピーを融合した独自のマネジメント理論で、2年あまりで売上30億円の組織を創り、人材育成コンサルタントに転身されたという経歴の持ち主です。
本書は私たちの心にある、自信を持って決断できない本当の理由が明らかにします。そしてその根幹にある、「直感」をどう伸ばしていくのか?その方法までも紹介しています。
「直感」が大事、とよく耳にするようになったので、もう興味深々です。

今日もクリック感謝です
人気ブログランキング

 

■目次


第1章 自信を持って決断できない本当の理由
第2章 「なんとなく」の正体
第3章 シグナルを正確に掴むには?
第4章 思考回路がぐんぐん目覚める直感脳トレーニング
第5章 実戦編―日常で直感脳を磨くコツ
Q&A 日常で活かすための一問一答


概要紹介


■決断できる人、できない人

 決断には3種類
  ・論理で決める
  ・感情で決める
  ・論理・感情、どちらでもない決断=直感で決める

 論理や感情でなら、決めやすい。
 しかしメリット、デメリットが明確でなく、しかも好き嫌いで
 決めてはいけない状況もある
 それが自分や周囲に与える影響が大きいいほど、何かを選ぶのは負担
 何がベストかなど、誰にもわからない

 だから迷ったり、自分で決断できなかったりするのは当然ともいえる

 しかし同じ状況でも決断できる人もいる
 こういう人は自分の直感を信じて選んだ、という人
 情報が少なくても、答えに自信を持っている

 決断できない人がフォーカスするもの⇒「当り、外れ」
 決断できる人がフォーカスするもの⇒「決断の納得感」


■誰でも直感を使っている
 私たちは、日常的に「なんとなく」決めている
 ⇒この「なんとなく」が「直感」
 ⇒つまりは、誰でも直感を日常的に使っている
 (ただそう気が付いていないだけ!)

 直感には「シグナル」と「ノイズ」がある
 「シグナル」:これだ!と思う情報
 「ノイズ」 :雑念、思考、感情などで本来の意味を失った直感

 いかに自分の感度を良くして「シグナル」を効果的に使うのかが大事
 

■日常的に出来る「直感力トレーニング法」
  • ランチに行く店を3秒で決める

  • ランチのメニューを3秒で決める

  • テレビの音声を消してセリフを予測する

  • 初対面の人と会った時の印象をつかむ

  •  見た目ではなく、本当のその人はどんな人かをつかむ
  • 固有名詞を使わずに表現する

  •  花火大会を、花火大会という言葉を使わずに説明する


    感想など


     書店の店頭でタイトル買いした本。
    書店で買う時は目次を見て買うことが圧倒的に多いのですが、この本は本当にタイトルだけで買いました。
    決断力の本かと思いきや、それだけにとどまらず「直観」のことまで書いてあったので期待以上でした。
    ただ、本書は常に直感で決めろ!と言っているわけではありません。
    論理で決められるなら、そのほうが良いし、好き嫌いだけで決められるならそれも良いとしています。その上にプラスして、直感で決めるという方法もあるという提案をしてくれています。

    自分の直感を鍛えたい方、決断する時の選択肢を増やしたい、そんな方におすすめです。

    ファミレスのメニューは3秒で決めろ!
    端河 光二

    ファミレスのメニューは3秒で決めろ!
    カリスマ・コンサルタントの稼ぐ超思考法 ~仕事と人生に効く「問題解決力」が身につく20の方法~ フリーズする脳―思考が止まる、言葉に詰まる (生活人新書) ビジネスマンのための「発見力」養成講座 仕事に活かす!本200%活用ブック イノベーション・シンキング
    by G-Tools



    ここまで読んでくれて、ありがとうございました。
    にほんブログ村 本ブログへ

    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    この記事へのトラックバック