2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!

速読のために最も重要なこと

 今回はフォトリーディングを含む「速読」ネタです。

図解! あなたもいままでの10倍速く本が読める

今までも何回か速読に必要なことをまとめた記事を書いてきました。
今回は、

「速読のために一番重要だと思うことを1つだけ紹介するとしたら?」

という問いへの僕なりの答えを書こうと思いました。
速読できる人も、これからやってみようという人も
自分に当てはめて読んでもらえると嬉しいです。

今日もクリック感謝です
人気ブログランキング

■早く読むと決めること

 速読のために最も重要なことは「早く読むと決めること」です。
フォトリーディングを始めてから1年半経過しましたが、
これまでの経験からみて「決めること」が最も重要と確信しました。

フォトリーディングのステップの中にも「何分で読む」というのを
決める部分があります。毎回この時間設定してから読むと
非常に良くわかるのですが、100%設定時間内に読み終わります。
逆にここを曖昧にしてしまうと、だらだらと読んでしまうことが
多いです。

セミナーに行くと、マインドマップを使ったり速読をしたり
している人に会うことが多いです。
そこでもたまに速読のポイントが話題になることがあります。
やはり「早く読むと決める」が賛同を得られます。
同じような経験をしている人が多いことに驚かされます。


別の視点からも見てみましょう。
最近amazonの書籍のトップ10の常連でベストセラーになっている
「ザ・シ−クレット」という本。
この本のテーマは「引き寄せの法則」ですが、速読の場合には
引き寄せの対象が「早く読む」ということになります。
「引き寄せの法則」では欲しいもの、求めるものを
なるべく詳細にすることが精度をあげるコツですが、
速読においてはそれは時間設定になります。


「早く読むと決めること」は最も重要なことですが、
さらにポイントを挙げるとすれば、「決める」レベルを
上げることが重要です。

「早く読みたい」
「早く読むぞ」
「何がなんでも絶対早く読む」

一番下のレベルでの決断まで思えるかどうかでも
速読できるかどうかが大きく左右されます。
アンソニー・ロビンズの「一瞬で「自分の夢」を実現する法」に
こんな一説があります。

「「思う」と「誓う」では決定的な違いがある」



最終的には習慣化するほどに、ごく自然に速読ができるように
なるそうです。
本田 健さんが言っていた驚愕のセリフ、
「僕は5分以上かけて本を読めないんだよね」

このレベルに達するには時間がかかるかもしれませんが
まずは「早く読むと決めること」から初めてみませんか?



ザ・シークレット

一瞬で「自分の夢」を実現する法


ここまで読んでくれて、ありがとうございました。
にほんブログ村 本ブログへ

この記事へのコメント
LuckyUSさん、こんばんは。
実は今日は帰りの電車の30分で1冊読もうと決めたのですが、ついついいつもと同じペースで読んでしまい、結局半分しかこなせませんでした。
これも「誓ってない」からでしょうねー(汗)。
まだまだ修行が足りませぬ。
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2007年11月27日 01:17
smoothさんともあろう方が!

僕の場合は逆で、30分で読める本をもってて1時間かかる電車に乗り、何も考えずに読んでしまうと1時間かけてしまう、という現象が発生してます(汗)
Posted by LuckyUS at 2007年11月27日 14:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック