2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!

忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス

 今回のフォトリーディングのターゲットは、明橋 大二さんの『忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス』です。

忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス

200万部突破の『子育てハッピーアドバイス』シリーズ最新刊。
ワークワイフバランスを考えると、子育てに父親の貢献が
必要になってきています。
そう考えている父親が増えていると思います。
さらに経営者側も、父親の子育て推進は「経営にプラス」
とする企業が93.1%にもなっているそうです。
現役パパさんも、これからそうなる方も、一度読んでみては?

今日もクリック感謝です
人気ブログランキング

概要紹介


■お父さんが育児をすると良いこと

  1. お母さんが楽になる

  2. 子供は両親から愛されていると感じ、自己評価が高くなる

  3. お父さんが褒めてくれると、社会に出て行く勇気が出る

  4. お父さんが身体を使って遊んでくれると子供は丈夫になる

  5. お父さんがきちんと叱ると子供はルールを守れるようになる

  6. お父さんがジョークを言うと、家の中に余裕が生まれる




■お互いに、休日を取ろう
 子育てに24時間365日。
 休日は全く無い
 しかし人間はそれには耐えられるようにできていない
 ⇒親は意識して休む必要がある

 夫婦でお互いに休みが取れるように話あってみよう!

 父親が少しの間でも一人で子育てすることで、
 母親の大変さが理解できるようになる


■仕事の状況が許さない時
 父親が育児にかかわりたいと思っても
 仕事の状況がそれを許さない時もある

 例えばクビをちらつかされた場合など
 経済状況を考えると、会社に逆らえない
 子供の誕生日に早く家に帰れないこともある

 ⇒両親で良く話しあう事
  普段、父親が子育てに参加していれば
  大きな問題にならない

■お父さんに出来ること

  1. 出来るだけ早く帰る

  2. 自分のことは自分でする

  3.  「おーい、ビール」とか「俺の下着どこ?」とか
     言ってると、奥さんが切れます(汗)
  4. お風呂に入れる

  5. 夜泣きをあやす

  6. おむつをかえる



■妻の話を聞く

 父親の子育ての最大のポイント

 ⇒ 母親の心をいかに支えるか!

 中でも大切なのは「ねぎらいの言葉」
 「いつもありがとう」

 それから、妻の話を聞くのは
 気持ちをわかってあげることを主体にする
 解決策の提示は不要なことも。

 「でも」「しかし」よりも
 「そうなのか」「なるほど」を使う

■叱り方
 叱りすぎは×
 ただし身体的、心理的に自分や他人を傷付ける可能性が
 ある時は叱らないことで自己評価が下がる場合がある
 (寂しくて非行に走る ⇒ 叱らない 
  ⇒ 親に見てもらえていない ⇒ 自分はそんな人間)
 
 また父親が叱らないことは母親のストレスの1要因にもなる
 本来父親が叱るところを叱らないため、母親が叱ることになり
 それがストレスを生む。

 子供はどういう時に本当に悪かったと思うのか?

 ⇒「自分の気持ちを十分聞いてくれた上で、心配なことを
   真剣な眼差しで、こんこんと諭された時」


■感想など


 僕の身の回りでもパパさんはみんな子育てに参加中。
そういうのが当たり前なのかとも思っていましたが、
この本を読んでみて、それって以外と主流になってきつつある
段階なのかと思いました。

父親の子育て、というといかに父親が子供に接するか?
という部分が大事なのかと思っていましたが、
以外にも母親との接し方が一番大事だということでした。
なので、「ベストパートナーになるために」の内容と
だいぶ重複する部分もありました。
ただ、本書のほうが例が日本ということや、
マンガを交えていることもあり、わかりやすかったですね。

小さい子供をもつ、全てのパパさん。
「ベストパートナーになるために」がいまいちわかりにくかった
という方。
こういう人にオススメです。

忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス
明橋 大二 太田 知子

忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス
子育てハッピーアドバイス 子育てハッピーアドバイス3 10代からの子育てハッピーアドバイス 子育てハッピーアドバイス 2 子育てハッピーエッセンス100%
by G-Tools



ここまで読んでくれて、ありがとうございました。
にほんブログ村 本ブログへ

この記事へのコメント
こんにちは。

ちょっと前の話になりますが、TBたどってこさせてもらいました。ありがとうございます。

最近は、育児をされる「パパ」が増えて、この本はまさに「時代が求めている本」だと思います。
分かりやすいというのも良いですね。

繰り返し読みたい本です。
Posted by チャーリー432 at 2007年12月13日 18:54
チャーリーさん、こんにちは。

確かに時代の流れ的に、育児を含めた「家庭を大事にする」男性が求められていると思います。
Posted by LuckyUS at 2007年12月14日 16:14
LuckyUS様

はじめまして。
1万年堂出版のトシと申します。

『忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス』を紹介してくださり、有り難うございます。

忙しいパパは、なかなか子供に接することは出来ませんが、
工夫一つで、色々と子育てのプラスになることが出来ますよね。

母親のサポートというのもその一つ。
夫婦関係も良くなりますし、是非とも実行したいところですね!

今後も『ハッピーアドバイス』シリーズをよろしくおねがいします(^^)ノ


1万年堂出版のブログで紹介させていただきました。

http://spn61170-02.hontsuna.net/article/2138356.html



ぜひ遊びに来てくださいね(^。^)
Posted by トシ at 2008年12月18日 16:25
>トシさん

こんにちは、ブログで紹介いただきありがとうございました。
トラックバックを送らせていただきました。

そちらにも伺いますので、よろしくお願いします。
Posted by LuckyUS at 2008年12月20日 09:36
こんにちは!! 1万年堂出版のトシです。
いつも『子育てハッピーアドバイス』シリーズを読んで下さり、
ありがとうございます。

さて、「ハッピー仲間」さんに、とっておき、ホヤホヤの情報です!

このたび、『ハッピーアドバイス』の最新刊
『子育てハッピーアドバイス 知っててよかった 小児科の巻』が出ました!
詳しくは、こちらをどうぞ。
http://spn61170-02.hontsuna.net/article/2206420.html

また、この発刊を記念して、新宿・紀伊國屋サザンシアターにて、
著者のトーク&サイン会が行われます!
申し込み方法など、詳しくはこちらをご覧ください。
http://spn61170-02.hontsuna.net/article/2206422.html
Posted by トシ at 2009年05月28日 10:10
トシさん、ありがとうございます。
トーク&サイン会、昼間なんですね(汗)
Posted by Luckyus@フォトリーダー at 2009年06月01日 06:08
こんにちは(o^-^o)


『子育てハッピーアドバイス』シリーズをご愛読いただき、ありがとうございますっ・*:.。☆..。.(´∀`人)

このたび1万年堂出版では、シリーズの最新刊
『子育てハッピーアドバイス 大好き!が伝わる ほめ方・叱り方』を発刊いたしました(≧∇≦)b

「毎日イライラどなってばかり……」
「言うことを聞かない子どもを、どう叱ったら?」
叱り方に悩むママ、パパ必見!
そして、すてきなほめ方のコツを、明橋先生が伝授します。

詳しくは、こちらをどうぞ。
http://www.10000nen.com/book/HAhomeshika/HAhomeshika.htm

よろしければ、また「ハッピー仲間」に遊びにきてくださいね~~ヾ(。・∀・。)
http://ameblo.jp/10000nen/(引っ越しました♪)
Posted by ぴこママ@1万年堂出版 at 2010年07月14日 17:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

読者の皆さんの声 『忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス』(12月7日)
Excerpt: 本日の、『忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス』読者の感想をご紹介します。 ◆「俺、間違っていたのかも……」主人がみるみる変わりました  子供が1人の時は、私1人でもなんとかなっていました..
Weblog: 集まれ!子育てハッピー仲間
Tracked: 2007-12-10 10:42

明橋大ニ 〜 忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス
Excerpt: 明橋大ニ 忙しいパパのための 子育てハッピーアドバイス 父親向けの子育て本……ですが、一般の人間関係にも通用する、人として大切なことが教えられている本だと思います。さら...
Weblog: 徒然
Tracked: 2007-12-13 18:55

12月17日の「子育てハッピー仲間」さん
Excerpt: 今日のハッピー仲間さんは LuckyUSさん ↓ http://netlucky.seesaa.net/article/71195964.html です。父親の子育て、というといかに父親が子供に接..
Weblog: 集まれ!子育てハッピー仲間
Tracked: 2008-12-18 16:25