2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!

春夏秋冬占い 恋愛編@來夢

 今回のフォトリーディングのターゲットは、來夢さんの『春夏秋冬占い 恋愛編』です。

春夏秋冬占い 恋愛編 (サンマーク文庫 A- 8)

來夢さんと言えば、神田 昌典さんと共著も書かれるなど占いとビジネスの結びつきに関するイメージが強い方がいらっしゃると思います。
そんな來夢さんの新作はなんと恋愛占いもの。以前紹介した春夏秋冬占い ベーシック編同様にかわいい絵でとても親しみやすさを覚えます。
で、春夏秋冬占い的に言うと恋愛のポイントって何なんでしょうね?

今日もクリック感謝です
人気ブログランキング

■目次


第1章 とけなかった恋の謎がとける「春夏秋冬占い」
第2章 「生まれた季節」で、恋愛傾向がわかる
第3章 季節で相性をばっちりつかむ!
第4章 出会いにめぐまれる季節ごとの動き方
エピローグ 素敵な恋が待っている


概要紹介


 ライト感覚が売りのこの本。
 紹介もちょっと軽めに行きますね。

 基本は春夏秋冬占いなのは言うまでもありません。

 春夏秋冬占いを知らない方のために簡単に説明しますと、
 人は生まれた時の星の位置で、春夏秋冬のいずれかの季節に
 分けられます。たとえば僕の場合は「春生まれ」になります。

 そしてそれぞれの生まれの季節によって性格傾向が違います。
 このあたりは、血液型による性格分類と似たところがあります。

 そして、生まれの季節に加えて、人生の流れにも3年周期で季節がある、と考えています。
 例えば、秋の3年間は収穫の時期とか、という具合です。
 12年を1サイクルとし、春夏秋冬それぞれの季節の流れ、運気の流れを考慮し、それを生活に、ビジネスに活かす。

 これが春夏秋冬占いの基本かと。
 ただ、占いの情報は絶対のものと考えず、1つの情報として考えて
 判断材料の1つにする。それくらいのスタンスを提唱しているところが
 個人的に好きなところです。


 この考えを恋愛に適用したのが本書。
 自分の生まれの季節を知り、相手の生まれの季節からその相性や
 相手が自分に対してどういうものを求める傾向が強いのかを
 知っておこう、というのがメインです。

 基本的に女性向けの本なので、男性が読むと若干違和感があるかも。
 なにしろ本の外見がかわいいし、男性が書店で手に取るような
 雰囲気の本でもありません。男性はamazon活用ですぞ。

 ちなみに僕ら夫婦の場合、彼女は夏生まれ、僕は春生まれです。
 夏生まれから見た、春生まれとの恋愛については、

 
「どんなこともそつなくこなす彼は、あなたにとってスーパーマンに見えるでしょう。相手もあなたの現実的なところに興味を持つでしょう。相手が恋に集中してくれない時も焦っては逆効果。むしろ自由にしてあげることで信頼を勝ち取ることが出来るでしょう。」


 とこんな感じのこと書かれています。

 また、生まれ季節毎に、それぞれの季節の相手と
 どういう点で惹かれあいやすいか? とうポイントが
 書かれてもします。しかもわかりやすいイラスト付き。

 こんな感じ↓

080223_1144~01.jpg

 
 とまぁ、わかりやすさを重視しつつも、生まれの季節
 そして、今の人生の季節から見た恋愛の傾向と対策が
 わかる本書。若い女性に特にオススメです。

 男性も、興味あるかたは読んでみてください。
 以外な自分を発見したりするかも。

 既婚者は夫婦で読んでみると、楽しいと思います。
 くれぐれも夫婦喧嘩のネタにしないようにね!


春夏秋冬占い 恋愛編 (サンマーク文庫 A- 8)春夏秋冬占い 恋愛編 (サンマーク文庫 A- 8)
來夢

春夏秋冬占い ベーシック編 (サンマーク文庫 A- 7) 「もうひとりの自分」とうまく付き合う方法~思い通りに自分を動かす4つの法則~(CD付) カリスマ・コンサルタントの稼ぐ超思考法 ~仕事と人生に効く「問題解決力」が身につく20の方法~ きっと、よくなる! (2) あの有名人たちが成功した法則!―「春夏秋冬理論」でツキの波に乗る (だいわ文庫 G 58-2)

by G-Tools


関連書籍等の紹介



 ●春夏秋冬占い ベーシック編
 春夏秋冬占い ベーシック編 (サンマーク文庫 A- 7)
 記事 ⇒ 春夏秋冬占い ベーシック編@來夢

 ●あの有名人たちが成功した法則
 あの有名人たちが成功した法則!―「春夏秋冬理論」でツキの波に乗る (だいわ文庫 G 58-2)
 記事 ⇒ 【ツキ】あの有名人たちが成功した法則!

 ●神田さんとの共著
 なぜ春はこない?

 人生を成功に導く星の教え


ここまで読んでくれて、ありがとうございました。
にほんブログ村 本ブログへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック