2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!

人生の全てを決める鋭い「直感力」@リン・A・ロビンソン

 今回のフォトリーディングのターゲットは、リン・A・ロビンソンさんの『人生のすべてを決める鋭い「直感力」』です。

人生のすべてを決める鋭い「直感力」―問題解決の“最強のツール”が身につく本!

副題は、「問題解決の”最強ツール”が身に付く本!」です。
ちなみに訳者は本田健さんです。

「直感コンサルタント」って知ってます?
僕は聞いたことも無かったのですが、アメリカではそういう方がいるそうです。
それが本書の著者の さん。
直感って、当てにならないものだと思い込んでいませんか?
実は、トレーニングで誰でも活用できるんですって、兄貴!

今日もクリック感謝です
人気ブログランキング

 

目次


 これが問題解決の「最強のツール」!
 「直感の声」をストレートに受け取る法
 成功のチャンスに、すかさず反応する「直感のゴーサイン」
 どんな場合でも「最善の答え」を引き出す質問力
 直感が“身体感覚”として表われるとき
 どんな難問も一瞬で解決する「内なるコンサルタント」
 すごい「ひらめき」を生む超・気分転換法
 その「夢」には“大事なヒント”が隠されている!
 “打ち出の小槌”式にアイデアが飛び出す!
 直感の大敵“ストレス”のうまい解消法!
 直感人間の驚くべき「創造力」!
 あなたの「内なるイノベーター(革新者)」を解き放て
 ひと味違う!「直感式ブレーンストーミング」のすごい効果
 「まばたきする間に」答えは出ている!
 なぜかいつも成功する“直感営業マン”の横顔
 万能の「内なる神(情熱)」が導くままに
 「小さな常識」が「大きな成功」のジャマをする
 「マンネリ」を打破する直感の使い方
 「回り道」は失敗する
 「自分が納得のいく人生」を生きる


概要紹介&感想



●問題解決の最強ツール
 ▼「直感」を使って成功している人々の言葉(抜粋)

 トム・ピーターズ
 
自分の直感をあくまで信じること。直感は最もすぐれた武器なのに、いわれのない非難にさらされている


 ジョナス・ソーク(ポリオ・ワクチン開発者)
 
次の答えがどこにあるかを、論理的思考に教えるのが直感である


 リチャード・ブランソン(ヴァージングループ会長)
 
大量の統計学的数値を調べるよりも、結局は直感のほうが頼りになる


 ▼直感は誰でも使えるのか?
 ⇒ 読み書きやスポーツの技能と同じで、直感は訓練することでうまく使いこなせるようになる!

 ▼直感とは?
 ⇒ どう行動すればいいかを示すパターンや手がかりを、過去の知識や経験から瞬間的に見極めるもの


●「直感の声」をストレートに受け取る法
 ▼直感を感じる時の目安
  ・身体の感覚が変化する
    だるい、悪寒など 軽視してはいけない
  ・「プラス」と「マイナス」の感情
    正しい時は「プラス」、間違っている時は「マイナス」(詳細は本書で)
  ・「内なる声」として聞こえる
  ・象徴的な「イメージ」として
  ・ひらめきの瞬間「アハ!体験」
    エジソンはいつでもひらめきを書き留められるようにノートを持ち歩いていた
  ・夢の中で答えを知る

  直感の感じ方は人それぞれだが、それを感じた時に
  書き留めておくことはとても重要。
 ⇒ 直感を磨く「基本」

 難しく考えず、とにかく始めよう!!


さて、さわりの部分だけご紹介しましたが、いかがでしたか?

本の見た目はとてもシンプルで、本田健さんのこれまでの訳書と趣きが違ってます。
ただ、目を引き心に残る言葉の数々は、流石だなと。
本田健さんファンなら、コラムのためだけに買いそうな気が(汗)

これまで直感の不確かさに戸惑うことが多かったのですが、なんのことは無い、訓練が足りなかっただけだということがわかり、ほっとしました。
直感は、人により様々な受け取り方があるから、本書のいう「セオリー」を目安に自分で技能開発しないといけないんですね。

メモ帳はいつも持ち歩いているんで、書き留めたことの評価をしていく習慣を付けようと思います。
せっかくの直感、使わないともったいないですよ!

ということで、直感のことを良く知りたい人、直感をどう使えば良いかを具体的に知りたい人にオススメです!


人生のすべてを決める鋭い「直感力」―問題解決の“最強のツール”が身につく本!
本田 健

人生のすべてを決める鋭い「直感力」―問題解決の“最強のツール”が身につく本!
幸福の迷宮 3つの真実 人生を変える“愛と幸せと豊かさの秘密” あなたが変わる「話し上手」の法則 幸せな経済自由人という生き方 ライフスタイル編 (ゴマ文庫) 人生を変える一番シンプルな方法―世界のリーダーたちが実践するセドナメソッド
by G-Tools

ここまで読んでくれて、ありがとうございました。
にほんブログ村 本ブログへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/97432083
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。