2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!

ランキング依存という負のスパイラル クローズアップ現代を見ました!

昨日(2008年6月4日)放送のクローズアップ現代 ランキング依存が止まらない〜出版不況の裏側〜 を見ました。

僕の仕事も出版業界と無関係ではありませんので、興味深い内容でした。現在の出版の状況を知りたい方のために、簡単ではありますが、内容を記載しておきます。

今日もクリック感謝です
人気ブログランキング

概要まとめ


●北海道の老舗書店が閉店
 各階に本に詳しい店員を配置したり、店員が売りたい本を
 選んで売っていくスタイルだったが、客層が変化
 客が店員と会話をしない、売れてる本しか売れなくなり閉店へ

 同じ書店の別の店では、ランキングデータを基にPOSデータで
 棚を管理しているさまを放送。どこにおけとか返品しろ
 とかが瞬時に表示される(汗)
 閉店した店のように店員の裁量の入る余地は皆無。
 なんと1日に2000冊も入荷される。
 ダンボールをあけずに返品(ロケット返品)されることも。
 ランキング5,000位内でないと店に並ばない仕組み
 が出来上がっている。

●子育て中の主婦インタビュー
 書店やネットでランキングをチェックしている。
 子育て中で子供が寝てる時間しか読めず、
 良い本だけ読みたい

●草思社の倒産の事例
 10年前に同番組で売上を伸ばす出版社として取り上げてた。
 良いタイトルが決まるまで出さない、
 すぐに売れなくてもチカラを入れ続けて売っていく
 などのスタイルが、今となっては裏目に出た。

●本屋大賞
 売れる本だけじゃなく、書店の店員が読んでもらいたい本を
 買って欲しいという思いから設立
 1位になった本は売れるが、2位以下は売れないという現象
 新しいランキングを増やしただけという皮肉な結果に。

●オリコンが本のランキングを開始
 本の購入数が年間1〜3冊くらいの人がターゲット。
 本来は出版業界がやらなければならなかったこと。

●出版業界のここ10年のデータ
 中小の書店は減少(デカイ本屋は増加)
 出版点数は増加(6万点⇒8万点へ)
 返品に返金すべき金額を、次の本の納品時の売上金額で
 相殺している商習慣が原因の1つ。


感想



 ランキング依存という負のスパイラル

 本をあまり読まない人(年間で数冊)の本を選ぶ基準が変わった
 ということでしょう。そういう人たちは「良い本だけを読みたい」
 と思っています。その裏に潜む感情は、「失敗したくない」。
 そう、絶対に失敗したくないんです。

 子育て中の主婦のインタビューにある「No1に弱いんですよね」
 というのが、まさにランキング依存を象徴する言葉かと。

 ベストセラーになる本は、普段本を読まない人が読む本です。
 鏡の法則しかり、ホームレス中学生しかり。

 売れる本だけがさらに売れ、売れない本は店頭にさえ並ばない。
 このスパイラルを断ち切ろうとした「本屋大賞」も1位だけ
 しか売れないというのは、まさに皮肉としか言いようがないです。


 別の視点でみれば、情報化社会の問題ともいえますね。自分が手
 にとって、目次などの情報から、面白そうか?読みたい本か?と
 いう判断を下すよりも、多くの人が読んでいるから、という理由
 だけで本を買ってしまう。自分で判断する能力の欠如、機会の
 放棄ですね。機会を放棄するから、判断する能力が育たないとも
 いえるでしょう。これまた負のスパイラルの1つですね。

以上、考え付いたことを書いてみました。

こちらのブログでも取り上げていらっしゃいます。
 ⇒ 俺と100冊の成功本

 ⇒ ディスカバー社長のブログ

ちなみに、今ランキング上位で、勢いがあるのはドラマ化も
決まった「夢をかなえるゾウ」ですね。番組内でも何回も
写っていました。

 夢をかなえるゾウ
夢をかなえるゾウ

ラジオドラマみたいなのから本が生まれたそうですね。
僕は知りませんでした(汗)配役が絶妙だったらしいです。

勉強法では脳学者の茂木さんのこれ!

 脳を活かす勉強法
脳を活かす勉強法


ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事へのコメント
遊びにきました。
いつ見ても良いブログですよね。
やっぱブログって時間かかって更新とか面倒臭い時もあるけど楽しいですよね^^
私は楽しんでやってます。
もし、良かったら私のブログも見てくださいね。
また遊びにきますね。
ではでは今後とも宜しくお願いします。
Posted by もてる男 at 2008年07月12日 23:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック